日常のページ

 

5/1(木) 京都に、日本電産という会社がある・・・。近年、ずっと、好業績を続けていて、その企業トップである永守さんという人は、カリスマ性があり、大変有名人である。その人が発言した言葉で、実は大きな波紋が拡がっている・・・。

 

 永守社長は、「休みたいのなら、会社を辞めればよい・・・」という発言をしたことに対して、あの、連合の高木会長が噛み付いたのやね。。。4/26のメーデー中央大会での一こま、なんやけど、「雇用主が労働基準法によって、何を求められているのか・・・」と、この発言を非難したものやった。。。

 

 永守日本電産社長は4/23の記者会見で「社員全員が、休日も返上して働く会社だから、成長も出来るし、給料も上がる。(社員が)たっぷり休んで、結果的に会社が傾いてしまって、人員整理をしなければいけないのでは意味がない・・・」と、発言した。。。

 

 このことは、今の日本の企業風土っていうものを、象徴していて面白いね。。。私は永守社長が言った事のほうが、分がある・・・と感じる方である。。。労働組合・・・っていうのが、雇用者を不当に搾取して自分だけがええ目をしている。。。という、感覚・・・。こんな会社、もう日本にほとんどないで。。。社長VS社員・・・っていう対立の構図は、確かに、高度成長期には、数多く、有ったのやけど、結局、みんな、民間なら、会社が儲からないと、自分たちの給料や生活も良くならない・・・っていう、明確な答えがあるのやからね。。。

 

 つまり、21世紀に入ったあたりから、会社の利益は誰のモノか・・・という視点が、昔は経営者のもの→社員たちのもの→株主のもの→ファンドなどの利益最優先になってきてしもたんやね。。。つまり、社員の人たちは、自分たちの生き甲斐を、報酬というものでしか換算出来なくなってしもた。。。これが、日本の成長力を極端に落とさせたのやね。。。

 

 ところが、日本電産っていう会社は、ワンマン社長がいて、まだまだ昔ながらのメンタリティ・・・日本企業の人的な強みを持ち続けている珍しい企業なんやね。。。だから、社員がみんなトップについていく。。。そして、どんどん売上を上げて、どんどん給料も上る。。。勝ち組になるんやね。。。だから、こんな発言も出来る。。。

 

 永守社長の言っていることは、普通の感覚なら、社員の権利や、労働環境を守る・・・っていう感覚なら、とんでもないこと・・・なんやろう・・・。つまり、休むような社員は、仕事のやる気がない・・・って言っているのと同じやからね。。。もっと、休日を認めろ・・・っていう過激な人たちからしたら、とんでもないことやからね。。。

 

 でもね・・・永守さんの言っていることって、ほんと、正論やんか。。。たくさん休める環境の会社を求める人たちっていうのは、ほんまに、仕事する気があるのか・・・って思えるのやね。。。仕事をガンガンやっている人にとったら、そんな人と一緒に仕事なんかしたくないやんか。。。これがよく働く日本人の感覚なんやから。。。ところが、今の労働環境っていうのは、会社人間より、家庭を大事にする人の方が、素晴らしい人である・・・という、やや間違った価値観やら、感覚を持ってないのやろうか。。。

 

 私は、どうも、今の労働組合法とかが、公務員さんたちのためにだけ、作られているような感覚がどうも強すぎるのやないか・・・と思う事が良くあるのやね。。。役人さんたちは、民間企業ではないから、いくら自分たちが頑張っても業績が上がったり、給料が上がったりはしないやんか。。。となりゃ、いくら休みを貰えるか・・・とか、どれだけ職場で楽に仕事が出来るか・・・とか、福利厚生がどれだけ充実させるか・・・という、条件闘争のようなものになるやんか。。。

 

 ここには、会社を儲けさせて、はじめて、自分たちの条件を良くできる・・・という感覚が無いのやね。。つまり、親方日の丸の感覚と、厳しい民間の現実をごっちゃにしているフシがあるのや。。。。

 

 民間で、忙しいのに、週に2日も3日も休んでられたら、仕事にならない・・っていう現実がある。。。他に人をたくさん雇いなさい・・・っていう感覚も、役人の発想や・・・。そのへんの感覚が、役人組合のヤツらには欠如しているのやね。。。だから、こんな批判になる。。。だから、そんなに言うのなら、労働組合さんたちが思う理想の会社っていうのを、いっぺん、経営者になって、やってみたらええ・・・。公務員やなしにね。。。それで、どっちの言うことが正しいか、白黒付けてみたらええ。。。組合さんの言う通りにしたら、会社は一辺につぶれる。。。文句を言うだけの組織に、会社経営の、ちゃんとしたビジョンなんてあるはずがないからね。。。

 

 今のトレンドは、公務員にも競争原理とか、仕事に対する効率とかを高めていくことを要求していると思うのやね。。。それが出来ない人は辞めていただく・・・。このぐらいの厳しさがないから、どんどん国民の大事な税金を無駄遣いしていくのに平気でいられるのやね。。。

 

今日はメーデー。労働者のお祭り・・・。でもね、いつまで、マルクス・レーニンやってるんや。。。時代はもう何世紀も動いているのやで。。。

 

5/2(金) 古賀自民党選対幹事長は、先週日曜の山口での選挙結果が、民意ではない・・・なんて、言いよった。。。。よう、そんなアホなこと、言うわ。。。選挙が民意でなかったら、何が民意なんや。。。これは、問題発言やね。。。そりゃ、ガソリン税を上げたい・・・っていう気持ちは良く判るけど、粛々と、民意に背いて、ガソリン税の暫定税率分を復活させる・・・なんてことをやる・・・っていうことが、どういうことを意味するか。。。今度の選挙で自民党政権が無くなる・・・っていうことを意味することに、直結している・・・。ということが、判らないのやろうか。。。

 

 議員が国民を裏切るようなことをしたら、クビになる。。。この現実を、こんなヤツらには、味わってもらわんとあかんわなぁ。。。自民は、今度の選挙で、大敗する。。。これだけは間違いないことになってしまうで。。。それでもええのか。。。こんなこと、政治家のやることやないで。。。

 

 ガソリン税の話をすると、いつも、国民は、増税は反対で、減税は賛成。。。っていう言い訳が自民党議員の中から出てくる。。。。これも、聞き飽きた話やね。。。でもこれって、ほんま、国民をバカにした話やで。。。。そりゃ、誰でも税金は安い方がよいわ。。。でもね。本当に必要な税金なら、増税に賛成する人も多いと思うで。。。そやないやろ。。。今の税金の使い方が、間違っている・・・と、心の底から、思っている人が多いから、ほとんどの人が反対しているのやんか。。。ええかげんな使い方をそのままにして、また馬鹿なガソリン税を10年もとり続ける・・・って言うから、誰もそんな案には、賛成出来ひんだけやんか。。。

 

 マスコミの言い方もおかしい。。。4月の1ヶ月間で、膨大な歳入不足が生じた・・・なんていう話をすると、いつも、税収がないから、道路予算がストップ・・・なんて話も、私は、汚い・・・と思うで。。。何故なら、4月でも特定財源であるガソリン税は、現実問題として、しっかりかかっている・・・。1リットルあたり24円もね。。。これが本来のガソリン税や・・・この金、どこいったんやね。。。。それなのに、暫定税率分だけが入らないだけで、全部の予算執行を、全く停止するようなやり方は、筋が通らない話やと思うのやね。。。約半分しか入らなかったのやから、半分だけ、執行したらええやんか。。。なんで、それが出来ない。。。

 

 そんなことより、今まで、せんど道路特定財源を使って、外郭団体やら、独立行政法人らに、カネをばらまいて来たやんか。。。それらの団体は、何と内部留保のカネを、しこたま抱えているやんか。。。これって全部、元は税金やで・・・。まずは、全部、これを国庫に返納させるべきなんやないのかね。。。そうしたら、4月1ヶ月分ぐらいのガソリン税分なんて軽く集まるで。。。これは、地方に回す道路予算を人質にして、何とか暫定税率分のガソリン税を元に戻させようとする、せこい作戦でしかないやんか。。。

 

 それより、こんな外郭団体に回すお金をまず、止めさせるべきなんやないかね。。。身内には、たんまりカネを回しておいて、地方へは回す金がない・・・なんて、屁理屈・・・。こんな、子供騙しみたいな単純な手を使わせたらあかんで。。。

 

 これらの作戦を練っているのは、みんな、国交省のエリート官僚たち、やんか。。。つまり、今のこのガソリン税を巡るゴタゴタが、抵抗勢力らによって、画策された悪あがきに見えて仕方がないのやね。。。今、これに目をつぶってしまったら、向こう10年間の道路特定財源の、特別扱いが続くことになる。。。だから、みんな、こんな勝手なことはさせないぞ。。。と、怒っているのやないのかね。。。

 

 ガソリン税は、34年間も高い税率で集め続けられてきた税金や・・・・。でも、もう、そんなにたくさん集める必要が無くなってきている・・・。それだけのことやと思うのやね。。。問題は、それなら、もっと時代に則して、ガソリンにかかっている税率を、本当に道路に必要な額だけにしてください。。。それだけのことなんやね。。。0か100か・・・なんていうアホなことばかり言っているから、あかんのや。。。25円の暫定上乗せ分を、たまたまいま、石油価格高騰の折やから、国民生活のことも勘案して、上乗せ20円とか15円に減らします。。。これなら、国民の納得が得られるのやないのかね。。。

 

5/3(祝) 今年のゴールデンウィークは、ええ天気が続く。。。こんな年も珍しいのやないかね。。。連休にお出かけする人が増えたら、景気も少しは良くなるかもね。。。

 

 さて、先日、中国で、雨雲のなかに、ヨウ化銀とか・・・を仕込んだミサイルを、たくさん、たくさん打ち込んで、人工的に雨を降らす実験をやって、見事、雨を降らせるのに成功したんやて。。。それにしても、この国は、凄いことをやりよるね。。。共産国家の強みは、こんなことに、真似できないような膨大な予算を振り向けられる・・・ということなのかもね。。。

 

 先に雨を降らせることに成功した・・・ということは、その雨雲が進んでいく先の天気を晴れに出来る・・・っていうことなんやね。。。人が自然の現象を、コントロール出来る。。。これは、有る意味、人類の歴史にとっても、画期的なこと・・・なのやないかね。。。

 

 このことを何故、中国が一生懸命になってやっているか。。。それは、もちろん、北京五輪の開会式を何が何でも晴天の元でやりたい・・・という、国家的な切望があるからなんやね。。。そして、何より、中国は、天気までも自由に出来る・・・っていうことを、全世界に誇示したい・・・っていうのも、もちろん、あるのやろう。。。

 

 でも、このことが、大自然の現象に対する冒涜である・・・なんていう宗教がかったことを言う古いヨーロッパ人もいるやろう。。。でも、気象っていう分野は、今までは、予知、予報の世界・・・やったのを、積極的に災害を防ぐ・・・とか、台風や竜巻を無力化する・・・なんていうことにつながっていったら、人類の幸せのために使える技術・・・ということにもなっていくのやろうね。。。

 

 ただ、北京では大気汚染が凄まじい・・・というのが、評判である。。。雨降らし実験をやったときも、大気中の塵が、雨水の中に入っていて、黒い雨が降った・・・。という話題も有ったそうや。。。そうなると、雨を降らすことは、大気を洗浄する・・・という意味も、持つことになるから、そうなれば、オリンピックに出場する選手たちに取ったら、ええことなんやろうね。。。

 

 隣国、日本にとっても、中国の大気汚染は、大きな問題で、日本で起こっている光化学スモッグ・・・っていうのは、ほとんどが中国からやってくる汚い空気のあかげ・・・だと言われているし、春先に多い、黄砂の被害も中国の西方のゴビ砂漠からやってくる。。。その砂粒に大気汚染物質も含まれてくるものやから、日本にとっては、大変やっかいなものである。。。

 

 焼鳥屋さんの隣の家が、毎日焼き鳥の臭いと煙で被害を受けている・・・っていう裁判があったけど、日本の光化学スモッグやら黄砂問題も、この関係に近いのやないかね。。。自分の所で、ちゃんと、処理して、ご近所に迷惑を掛けないで欲しい。。。これが日本の願いや。。。雨降らしもええけど、もともと、大気を汚さない。。。砂漠化を防ぐ・・・などの対処を、中国がちゃんとしてほしい・・・と、思うね。。。隣の国に迷惑を掛けないように。。。何せ、天気まで自由に出来る・・・って豪語するぐらいやから。。。それぐらい、やってもらわんと。。。

 

5/4(祝) それにしても、今の日本は、近年稀に見るような物価の値上げラッシュやね。。。小麦粉、石油、穀物、ありとあらゆるモノがどんどん値上がっていく。。。こんなこと、ここ20年ぐらい無かったのやないかね。。。期せずして、インフレは、当然デフレを抑えるし、少しのインフレーションは、経済を右肩上がりにしていくためには、必要悪。。。っていう見方も成り立つ。。。

 

 日本のように、人口が減ってゆくような国で、経済成長を続けようとすると、物価の値上がり・・・というのは、有る意味、成長のための燃料になることが多いからね。。。ただ、インフレっていうクスリは、実は、調合が難しくて、放っておくと、どんどん加速する傾向がある。。。どんどん円の価値が下がっていくと、何もカモを日本が失ってしまう・・・なんていう、為替のトリックに陥ることがあるからね。。。要注意なんや。。。

 

 もともと、今の物価高は、アメリカのサブプライム問題で、資金が株式やら債権市場を抜け出して、ニューヨークの原油先物市場に大量に流れ込んだことに端を発している。。。石油の価格が、OPECなどの産油国側の調整で上下するのは、有る程度納得出来るのだが、世界規模から見たら、僅か数パーセントのシェアしか無い小さな先物市場で、あまりにも、荒すぎる相場展開で、原油価格が、どんどん現実離れした価格に引き上げられていく・・・ということに、われわれは、指をくわえて見ているだけ・・・しか出来ないのやろうかね。。。

 

 ニューヨークだけに、原油先物市場のイニシアティブを取られている・・・という事に、もっとみんな疑問を持つできなのやないかね。。。そうやないと、結局、アメリカのメジャー石油会社がボロ儲けするだけ・・・。つまり、世界中の富を、産油国ではなく、アメリカという一国だけがかきあつめてしまう。。。ということの愚かさに、早く何か対抗軸を持つ必要が有る・・・と考えるべきなんやね。。。

 

 石油っていうのは、現代社会では、ありとあらゆるものの基礎になる資源なんやけど、この石油が、ほんと限られた国のコントロール下でしか売買出来ない・・・っていう代物になりつつあるのやね。。。つまり、石油っていう資源が、言い方は悪いが、「武器」になっているのやね。。。石油を制するモノが世界を制する・・・という風になりつつある。。。

 

 だから、いま、日本が取り組むべき課題は、脱石油。。。というテーマなんやね。。。水だけで走る自動車。。。水やないけど、水素ガスで走る車は、もう出来ている。。。問題はコスト。。。ところが、石油がどんどん上がってくると、高い水素ガスでも、とんとんのコスト・・・っていうことになる。。。幸い水だけは日本は豊かや。。。だから、水素ガスを使った動力や発電は、今後、飛躍的な成長が見込める。。。

 

 それと、昔、もう割高なため、止めていた石炭産業が少しずつ、再開されているのやて。。。安かったはずの石油が高くなってきたら、割高で無駄の多かった石炭が見直されてくる。。。これも、何か皮肉な話やね。。。

 

 中国なんかは、人口が多いから、その国民が全部豊かになってきたら、エネルギーなんて、ぜんぜん足りなくなる。。。だから、資源を目指して、アフリカなんかと、仲良くなって行きたい。。。ところが、アフリカはもともと、ヨーロッパ諸国の植民地だったところが多い。。。アフリカの権益を取りに来た中国と欧州先進諸国たちは、当然、利権を巡って、ぶつかる。。。北京五輪の聖火リレーでのごたごたも、こんな、資源争奪合戦が、背景にある・・と思って見ていたら、オモロイもんやね。。。

 

5/5(祝) 4連休も3日目になったら、ちょっとダレるわなぁ。。。長い休みをなかなか日本人はうまく使えない。。。私なんかも、そんな典型かね。。。

 

 さて、北京五輪の聖火リレーも、大騒ぎの中、やっと中国本土に行ったのやけど、長野でのテレビには映ってないような様子が、伝わってきた。。。。沿道は紅い中国の旗で埋め尽くされていて、恐らく日本中から中国人留学生を動員したのやろうね。。。スゴイ中国人の数やった。。。でも、そもそも、聖火リレーって何なんやろうね。。。北京五輪の雰囲気を盛り上げるのが、目的なのなら、日本人が聖火を見れない・・・っていう本末転倒なことになって、全く意味がない。。。中国人が世界中に、聖火を見せびらかせるためだけに、これをやったのやったら、これだけの為に、日本は、何百人もの警官を血税使って、警備に回して、何をしてたんやろうね。。。

 

 おまけに、チベット独立派の日本人が、中国人留学生に、暴力を振るわれていていたのに、長野県警は、その中国人を逮捕もしなかった・・・と、怒っている人までいる。。。チベットの旗を持っているだけで、職務質問されて、そのまま中国人たちに取り囲まれて、ダンボールで作ったプラカードを破られたり、やることが過激や。。。そんな騒ぎを目の前で見ているのに、警察は何もしない。。。この人たちは、日本人の安全確保という、日本の警察なら当然のことを無視して、中国人学生たちの安全を守るのに、躍起にナットル・・・。日本という国は、おかしい国やで。。。。

 

 それにしても、おかしいのは、日本の右翼活動家と左翼活動家が揃って、チベット問題なんかでも活動している点や。。。チベット独立支援、人権侵害や、弾圧阻止・・・っていう点では、不思議とベクトルが、そっちに向く。。。反中国の旗を振っていたらウケる・・・。という精神構造が日本人の中にあるのかね。。。

 

 天安門事件以来、中国は、反日教育を強化するなど、愛国教育に熱心である。民衆の矛先が中国共産党に向かうことを何よりも恐れているからね。。。だから、体制維持のためには、何だってする。。。日本に留学している中国人学生も、中国人である・・・というアイデンティティはやっぱり強く、世界中にいる中国人も当然、わが祖国・・・っていう感覚がものすごく強い。。。今まで、せんど、後進国・・・と、バカにされてきた中国が、最近、やっと目覚ましい発展をして、やっと世界的にも認められるようになってきたのやから、うれしい、誇らしい気持ちは分からないでも無い。。。

 

 でもね、あんまり、うかれてもらっても困るのやね。。。世界から注目されている今こそ、中国自身を変えられる大きなチャンスなんや。。。それがいっぺんにきている・・・。そんな感じかね。。。ただ、多くの世界の国の人たちはね中国人というのを、ひとくくりにし過ぎである。。。。中国の中にも、いろいろな民族、宗教、考え方の違いがあって、ほんま、いろいろな人がいる。だから、中国人は・・・・っていうくくり方は、大変な間違いを引き起こす場合が多い。。。

 

 たとえば、いま、日本の観光地やら、繁華街などでは、ものすごい数の中国人観光客が来ている。。。彼らは、一人10万円ぐらいもお金を使う。おかげで、銀聯カードっていう中国版デビットカードを、採用する観光客向きのお店は、どんどん増えているのやて。。。デジカメを何台も買い占めたり、安全な日本の化粧品をたくさん買い込んだり、日本のお茶なんかをお土産にしているんやて。。。つまり、いつまでも月収3000円の時代の中国やない・・・っちゅうことなんやね。。。

 

 月収20万、30万円クラスの人はザラにいるし、そんな人は、生活にゆとりがあるから、日本観光にも来る。下手な日本人の暮らしぶりよりもずっと良い家に住み、良いものを食べ、良い服を着ている。。。こんな人たちが沿海部を中心にして急増しているのである。。。そんな地域に住み、良い生活わしている人たちは、反日デモなんて、どこでやっているのかも知らないし、日本企業で働く中国人だって、普段通りちゃんと働いているんや。。。つまり、何か特別な人だけが、特別なことをやっている。。。という感覚なんやね。。。

 

 私は、そういう意味でも、中国という国は奥行きのある国やし、懐の深いところがある国だと思っている。。。だから、あんまり、向こうの人のように、日本人が同じようにワーワー騒ぐのは、良くないと思うのやね。。。もっと冷静に、いろいろなことを、ちゃんと中国人も、話せるようになるまで、日本人は少し待って上げないといけないのかも知れないのやね。。。

 

5/6(祝) 福田首相の言い分を聞いていたら、いつも、逼迫する地方財政のため・・・とか、休止している道路関係予算のため・・・だとか、大幅な歳入不足・・・とか、そうなったのを、人のせいにする・・・ようなところがある。。。そこには、リーダーシップのかけらもない。。。暫定税率を戻した再議決の時も、そうやったけど、まだ、その「暫定」であるはずの税率を、向こう10年間も、集め続けなければならない・・・という理由を、何にも話してないのやね。。。これでは、みんな納得せえへんわ。。。

 

 ただ、税収が減ったら、大変なことになる。。。税源が不足したら、えらいことになる・・・の一点張りや。。。年寄りはこれやから困る。。。話が、全く、かみ合ってないやんか。。。挙げ句の果てに、税金が入らないと、地方の予算がえらいことになる。。。これも、おかしな論理やで。。。全部の予算の中で、何故、最優先で地方に渡す交付税を、止めないとあかんねん。。。おかしいやろう。。。そんなら、予算が通ってない時には、国家公務員の給料を止めたのか・・・。そんなことはせえへんやろ。。。でも、そんなに、杓子定規に、この地方へのお金だけを最優先で止めたのは、何でや。。。その理由が不明確やんか。。。

 

 つまり、福田首相は、地方財源を、暫定税率の再引き上げのために、人質にして、地方の知事も、味方にまるめこんで、何とか道路族の利権を必死になって守っただけ。。。こんなのが、見え見えやんか。。。ええかげんにしてほしいわ。。。

 

 まして、今後10年間の「暫定」を決めるなんて、そんなこと、許されてええのか。。。今後、民主党政権になっても、政策が変わっても、それを縛ってしまうことになるのなら、こんな長期間の増税は、許したらあかんのやないかね。。。政権が変わったら、早急に法律を変えてもらわんとあかん。。。こんな横暴は、とんでもないわ。。。

 

 自民党の議員のなかにも、この暫定税率の復活がおかしい・・・と思っている人も多いやろ。。。それをごり押しで通してしまって、選挙で勝てるほど、今の世の中、甘いことない・・・。自民党は100議席以上減らして、野党落ちするのが、今度のことで本決まりになってしもた。。。民意を読み違えている・・・。そんなに国民はアホやないで。。。

 

 政治家は、基本的に、人気商売や。。。この先生の言っている事は正しい・・・賛同出来る。。。この先生に任せておけば間違いない・・・っていう人しか、国民は投票せえへんで。。。それなのに、今度の醜態は何や。。。75歳以上のご老人を全部敵に回して、自動車に乗っていたり、自動車を使って生活している人らを全部、敵に回して、こんなことをして、選挙に勝てるなんて思っているのやろうか。。。もし、そうやったら、おめでた過ぎるわ。。。通り越してアホや。。。

 

 その昔、愚民政策っていうのがあった。政治家は、国民なんて、だまって、テレビを見ていてくれたらええ。下手にたくさん投票行ったら、えらいことになる・・・なんて、言っていた時代がついこの前まであったのやね。。。確か、森総理の時や。。。つまり、国民は愚かだから、政治家の言う通りにしていてくれたらええ。政治が全部決めるから、国民は、ただ、黙って、おらが村の代表のセンセイに投票さえ、してくれていたらええ。。。こんな感じやつたんやね。。。

 

 ところが、最近は、自民王国であった農村でも、反自民の人が増えてきている。。。。どうも、政治家のセンセイの言っているとおりにしていたら、ろくなことがない。。。と、みんな、思ってきているのやね。。。つまり、良い意味で、政治の大切さに、国民が気付いてきたのやね。。。これは、良いことなんや。。。今まで、どうせ、私一人が投票しなくても、どうでもええ。。。っていう無関心な人も、政治への不満が有ったら、投票という意思表示をするようになったからね。。。つまり、日本の民主主義意識が、高まった・・・と言えるのやね。。。

 

 小泉首相の時、国民は、政治でルールを変えられる事を知った。。。そして、今まで、全く知らなかった防衛省の腐敗、社保庁のええかげんさ、国交省の無駄遣い、など、次々に、官僚達のボロが出てきた。。。今まで、天文学的な国家予算という化け物のような大きいお金の使い途を、必死になって隠し続けていたのが、ばれて、みんな、ええがげんにせえっ・・・て、怒り出しているのやね。。。

 

 それやのに、福田政権は、10年も20年も前の感覚で政治をやっとる。。。早く、もう、そんな時代やない・・・っていうのを、誰か、気付かせてあげんとあかんのやないかね。。。そうやないと、日本の不幸が、どんどん拡がることになる。。。そう思うで。。。

 

5/7(水) どうやら、福田首相は、北京五輪の開会式に行くみたいやね。。。支持率20%の総理が行って、何か、変なことを約束させられなければええけどね。。。パンダを貸して貰うおねだりの代わりに、何百億なんて、嫌やで。。。。ただでさえ、やっとのことで、中国への円借款が終わったのに、また、地球温暖化で、日本が中国の排出権の分、お金を払って上げるなんて、馬鹿なことを言い出す輩が出てきているから、ちょっと、不安がある。。。

 

 日本軍が中国に残した細菌兵器や化学兵器の除去作業が、ビッグビジネスにして、随意契約で特定のアホが、何か、きな臭い、税金ちょろまかし・・に使われている。。。というのが、明らかになっている現在、またもや、中国利権を巡って、馬鹿なことをやろうとしているのやないか・・・と、ヒヤヒヤしている人は多いのやないか。。。。

 

 日本は、いつも、戦争のときには、こんな酷いことをした・・・。っていうのを中国に言われ続けている。。。これを言われたら、弱い・・・っていうのが日本政府の方にあるのやね。。。ところが、これに、いつまでも言いなりになるな・・・という意見の人も多くなってきた。。。でも、ちょっと、極端なんやね。。。戦争というのは、当事者やないと、判らないような微妙な問題がある。。。肉親を殺された人の怨み・・・っていうものは、50年やそこらでは消えないものやからね。。。

 

 かといって、中国という隣国を無視する・・・とか、角突き合わせる・・・なんていうのは、現実的な選択肢ではない。。。つまり、中国とは、「あんじょう」付き合っていかないとあかんのやね。。。この、あんじょう(上手に・・・の意味の京都弁)っていうのが難しいのやね。。。

 

 いま、経済的に絶好調な中国は、飛ぶ鳥を落とすような勢いがある。。。人口に見合った世界経済の1/5になるまで、この発展は今後四半世紀は続くと思われる。。。この国の本質を知っている米国や日本、ロシアなどは、今度の五輪騒動でも、比較的上手く立ち回れるやろうけど、フランス・ドイツ・イギリスなどの比較的、中国との縁が薄い国は、異なる文化・文明の中国とは、これからも、ことごとく対立するやろう。。。このことが、世界の勢力地図を塗り替えていく可能性すらある。。。

 

 つまり、望むと望まざるに関わらず、今後しばらく、世界は中国インドなど、世界一、人口が集中している地域を中心に動くで有ろう事が予想される・・・。何せ、自国の中に、膨大な市場があるのやからね。。。つまり、そんな国は、わがままや、ごり押しが通ってしまうことになる。。。いくら、これが、世界の常識と、違う・・・って叫んだって、その国のルールが、世界のルールになってしまうことになるのやね。。。腹の立つことやけど。。。

 

 資源の獲得競争だってそうや。。。13億もの人がみんな、日本人並みの生活をして、みんなが自動車を持ち、ガソリンを焚いてみ・・・。いっぺんに、世界中の石油の1/5は中国に集まることになる。。。普通の世界の常識なら、カネがある国が、世界から良いものを集められたのだけど、これからは、資源も食料も、カネがあるだけでは集められなくなる時代になるのやないかね。。。

 

 中国製の餃子を日本はいらない・・・っていったって、別に中国は屁とも思ってない。。。価格は、安いけど、国内向けに製品を振り向けたらええだけなんやから、、、。こっちがいらんと、言っても、いらんのならそれで良い。。。逆に、日本になんか、売ってやらないよ。。。という風にもなるのやね。。。となったら、金を払っている日本とカネを受け取っている中国・・・っていう関係が、食料や資源を持っている中国・・・と、カネがあるけど、食料や資源を外国に頼らざるを得ない日本。。。という立場に逆転してしまうのやね。。。

 

 日本に取ったら、これほど怖いモノはない。。。持たざるモノの悩み。。。太平洋戦争勃発直前の日本のように、石油や資源を封鎖されてしもたら、日本なんて、ひとたまりもない。。。つまり、兵糧攻めに世界一弱い国・・・なんやね島国、日本は。。。自給自足も出来ないのやから。。。

 

 つまり、日本は、中国というブラックホールのようなものに、多かれ少なかれ、巻き込まれていくことになる。。。長いものに巻かれよ・・・という格言のように、有る程度、そういう風になっていかざるを得ない・・・っていうのが現実問題やと思うのやね。。。まぁ、その辺が、中国と「あんじょう」付き合うコツのような気がするのやね。。。

 

5/8(木) 我が家の日曜日って言ったら、大概は、お買い物・・・・ってことになってしまう。。。。ウチは、共働き家庭やから当然なのやけど、どうしても重い物、嵩張るものは、休みの日に車で、まとめて、買っておかないといけないから、そうなるのが必然なんやね。。。

 

 ウチから、車で行けるスーパーは、かなりの数が、あるのやけど、イズミヤ、ダイエー、ヨーカドー、ライフ、マツモトなんかよりは、やっぱり不思議とイオンに行くことが多い。。。車を一度置くと、そこで全ての用事を済ませてしまいたい・・・ということになると、店内に専門店やらがあるワンストップショッピングのGMS形態のお店がやっぱり強いからね。。。夕食や買い置きの食材のお買い物の前に、本屋に寄ったり、CDを見に行ったり、食事もしたり、ついでに、服でも見ようか、そう言えば携帯や、電器製品も・・・・・・となるからね。。。

 

 我が家から車で、比較的楽な移動可能範囲には、イオンモールハナ・洛南ジャスコ・久御山ジャスコの3店舗がある。だから、どうしても、これらの3店を飽きないように順番に回る・・・っていう感じになるのやね。。。ヤッパリ、イオンは流通の勝ち組やからね。。。

 

 そんなら、どうせイオンばっかり行くのなら、何かお得な手はないか・・・と一年前ぐらいから、いろいろ考えていた。。。そこで、今日は、少し語弊はあるが、イオンをしゃぶり尽くす・・・裏技をお教えしよう・・・と、思う。。。。。。

 

 まず、イオンで得する・・・といえば、イオンクレジットの発行しているイオンカードである。この会員になれば、年会費無料のクレジットカードが手に入って、毎月20日、30日には5%オフのお客様感謝デーっていうのがある。そのほかにも、イオンフェステイバルとか、特別招待会などの案内が来ると、その日だけお得なワンデーパスポートが貰えたりする。。1年ほどたって、まあまあ使っていると、ゴールドカードになる。。。そうすれば空港のカードラウンジなんかもタダで入れる。。。

 

 まぁ、これだけやったら、普通。。。である。ここからが少し手間暇がかかる。。。まず、普通の人が思いつくのが、8267イオン鰍フ株を買う事である。と言っても、株なんて敷居が高い・・・と思っている人。。。意外と簡単ですよ。。。ネットで買う株は手数料も安いし、最近は主婦のお小遣い稼ぎと、株主優待狙いで株を始める人もいるほど。。。最低の100株から買えるから、これだけで今の株価が1448円ぐらいだから、144800円と、売買手数料が数百円さえあれば、立派なイオンの株主様になれる。。。

 

 ただ、買うだけではダメで、いつ、買うかがポイント・・・。株主になるには、その会社の株主権利確定日に、その会社の株主である・・・っていうことが条件になる。イオンの場合は、この確定日は2月20日と、8月20日の、一年に2回ある・・・。逆に言えば、1年365日、この会社の株を持っている必要はなく、この特別な日だけ、この会社の株を持っているだけで、次の日に売却しても、株主の権利は得られる。。。というわけなんやね。。。

 

ただし、株式売買にはルールが有って、2/20に株主であるためには、4営業日前の2/14に権利確定することと、8/20なら、8/14には株を買っていることが条件になる。つまり、2/14と8/14の夜にだけ、この株を持っていれば、ずっとイオン株主さんの権利は得られる・・・ということなんやね。。。極端な話、翌日に株を売ってしまってもええ。。。っちゅうこっちゃ。。。

 

 さて、イオンの株主さまになると、権利確定後2〜3ヶ月ほどして、ご案内に続いて、イオンオーナーズカードというのが送られてくる。家族の分も含めてリクエストすれば確か4枚ぐらいまでは、くれたと思う。。。このカードが有ると、半年間で、現金で買ったお買い物について、キャッシュバッグの特典が得られる。。。これは持っている株数によって異なるのだけど、100株なら3%、1000株なら5%、3000株から7%である・・・。ただし、半年間で100万円のお買い物に対して・・・という限度はあるけどね。。。でも、これって、ちょっとバカに出来ない。。。と思うで。。。おまけに、このカードを見せれば、全国にあるジャスコの基幹店の店内で、イオンラウジっていうところで、ジュースやお菓子で休憩出来る。もちろん、株主さまへのサービスだから、ただ。。。いろいろな新製品の飲み物も試食出来る。。。

 

 このイオンオーナーの、キャッシュバックなんやけど、何にもしないと貰えないのだけど、オーナーズカードホルダーになると、仮に100万円半年フルにお買い物をジャスコでする人なら、3万円、5万円、7万円が返してもらえる・・・っていうことなんやからね。。。バカにできない額になる。。。。家が、ジャスコに近い人なら、毎日の1000円2000円の買い物が塵も積もれば山となる。。。それに、これに、お客様感謝デーなどの時の5%オフの時でもこの特典は活かされる。。。5%引きになった分にもキャッシュバック特典は適用されるからね。。。

 

 問題は株数でもある。100株なら14万4800円だけど、5%キャッシュバッグの1000株な144万8000円、7%キャッシュバッグの3000株を買うには、434万4000円もお金が要る。。。これは高いハードルやね。。。

 

でもね。株って、1日だけ持ってもいいのやから、極端な話、安い定期預金の金利のことなんかを思うと、思い切って1日だけ株主になって、またその資金を引き揚げて銀行の定期に入れる・・・なんていう荒技も出来るのやね。。。権利落ちっていう目減りの恐怖はあるけど、地合の良い時なら、そんなに損せずに、権利を取る事が出来ることもある。これはあんまりお奨めはしないけど、クロス取引って言って、株の信用取引を使って、リスク無く権利だけ取る・・・なんていう、ずるい手も存在することはある。。。

 

 さて、ここからがイオンをしゃぶり尽くす、中級編・・・・。ここまでだけでもお得度は、まあまあ・・・ナンだけど、それだけで満足しててはあかん。。。イオンには、いろいろグループ会社がある。この多くが上場していて、そのほとんどが、全国のイオンで使えるお買い物割引券を株主優待で進呈しているのやね。。。これが1000円のお買い物につき、100円引きになる券・・・これが大きいのやね。。。

 

 これをくれるのが、

8171マックスバリュー中部 (1/31権利) 100株で100円引き券50枚 @928 ¥92800

7465マックスバリュー北海道 (1/31権利) 100株で100円引き券50枚 @1740 ¥174000

2655マックスバリュー東北 (2/20権利) 100株で100円引き券50枚 @717 ¥71700

8287マックスバリュー西日本 (2/20権利) 100株で100円引き券50枚 @1259 ¥125900

2653イオン九州 (2/20権利) 100株で100円引き券50枚 @1507 ¥150700

8198マックスバリュー東海 (2/28権利) 100株で100円引き券50枚 @1570 ¥157000

7512イオン北海道 (2/28権利) 100株で100円引き券25枚 @340 ¥34000

 

・・・・などのイオンの子会社たち。。。ここの株も買うのやね。。。これらは意外と安い・・・権利月も1月〜2月に集中している・・・。これと前述のイオンオーナーズカードを併用するのやね。。。つまり、お客様感謝デーで5%引き、その上、1割引券が使えた上に、オーナーズカードのキャッシュバックも受けられる・・・これって、どうやねん。。。10000円の買い物をして、5%オフだから、9524円、これに100円引き券9枚使えるから−900円で8624円。これに例えば7%のキャッシュバッグが貰えたら、後日、604円ほど戻ってくることになるから、実質8020円。。。スーパーで、ナンでも2割引なんて、夢のような話やない?

 

 ただし、これらは、全部現金払いに限られる。。。せっかくクレジットカードを持っていて、ときめきポイントというカードのポイントも貯めている・・・っていう人も多いし、これは、現金払いなら、諦めないとアカン。。。どっちかやからね。。。でも、ここからが上級編・・・・。イオンは、平成20年4月20日から、イオンの一押し電子マネーであるWAONでの支払いを現金扱いと同じとする・・・というのを発表したんやね。。。普及促進策。。。ということやろう。。。

 

 ワオンは前払い式やし、イマイチ、使い勝手も悪い。。。使える店もイオン系だけに限られるしね。。。っていう人も多かったやろう。。。それに、いちいち、ワオンカードにチャージする手間・・・っていうのもあったのやね。。。ところが、イオンも、そこんとこ、よ〜く、考えていて、イオンカードと連携することにより、オートチャージという方法があるのやね。。。つまり、これの手続きをやっておけば、手間無くワオンの残高が減れば、自動的にクレジットカードからチャージしてくれる。。。つまり、最初の2万だけ預けておけばあとは、自動的に電子マネーが補充されて、支払いはクレジットだから毎月の後払い・・という不思議なシステムが完成するのやね。。。

 

 おまけに、ワオンを使った分だけのワオンポイントは貯まる・・・という大判振る舞い・・・。クレジットカードのポイントは付かないらしいけど、ワオンのポイントは付くから、またまたお得度が倍増した。。。ということなんやね。。。

 

 つまり、我が家では、レジの精算の際に、イオンオーナーズカードを出して、マックスバリューの1割引券で割り引きを受けて、お客様感謝デーだったら5%も引いてもらって、おまけに、その支払いをイオンカードで、オートチャージされたWAONで支払っているのやね。。。この方法、まだまだ知られてないみたいで、レジの方は、「まだ出るか・・・」てな感じでドギマギされているけど、ボタンを押して、パートさんやなくて、社員さんを呼んで対応されている。。。

 

 ただ、この方法、一緒に他の商品券なんかを出してあげたりしたら、パートのオバチャンはもう限界。。。レジの操作方法が、超複雑・・・になるそうで、いつも、レジ打ち直しになるので、イオン商品券やコカコーラ商品券、おこめ券なんかを併用して使う場合は、レジの方にも気の毒になるので、やめて上げて欲しい。。。いろいろ、要件が複雑になりすぎて、頭の中がパニクるそうやから。。。

 

 まぁ、いろいろお得が多いイオン。。。さすが、全国一、流通の勝ち組や。。。あんまり、一人勝ちっていうのも良くないことなんやろうけど、元ライバルのダイエーは、あんな調子やし、イトーヨーカドーも関西ではもひとつ。。。しばらくイオンの天下が続くのやないかね。。。それならそれで、イオンと上手に付き合う方法、やっておいて損は無いと思うけどなぁ。。。でもこれ、秘密やで。。。みんながあんまり、この手を使うと、優待改悪になるから。。。ネットで書いておいて、秘密もないやろけどね。。。

 

5/9(金) 中国の胡錦涛国家主席が今月6日から日本に来ている。中国と仲良くするのに、いろいろな人が、いろんなことを言っているけど、私は、基本的に隣国とうまく付き合っていく・・・という考え方に、異論のある人・・・っていうのは、意外と少ないのやないか・・・と思うのやね。。。フリーチベット・・・を叫んでいる人たちも、何か流行ごとに流されているような感じの人が多いような気もするんや。。。テレビに映るから、チベットの旗を持って派手に叫ぶ。。。あんた、ほんまに、チベットのこと、ちゃんと知っているのか・・・・って言いたいぐらいや。。。。

 

日本にとって、中国は、米国の景気悪化のなか、日本にとっての生命線・・・のようなもの・・・にもなってくる。。。嫌でも、付き合って行かなければならない国なんやね。。。

 

 そんな国と、角突き合わせて生きていくより、お互いにとって良い関係が続けば、それが、日本にとっての安全保障にもなる。。。喧嘩ばっかりしていても、逆に相手の言いなりだけになっていてもアカン。。。国と国の付き合いは、難しいけど、同じアジア人として、お互いを立てるような関係を続けることが大事やね。。。

 

 そんななか、今回のことで、世界は日中が寄り合った・・・と見ているのやろう。。日本は、欧州各国などで批判の多い人権問題にも、ダライラマとの対話ということを言っているし、その裏には、日本経済が中国というマーケットのために、不況にならずに済んでいる・・・という一面があるのやね。。。つまり、お互いに喧嘩出来ない関係・・・とも言えるのやね。。。その辺りのことが、中国側にも判ってきた。。。だから、日本の国連常任理事国入り支持なんていう、今まででは考えられなかったリップサービスをするのやね。。。

 

 この意味では福田首相は、いいタイミングに首相になっている。もちろん、中国にとってね。。。小泉はもちろん、安倍でもアカンかったやろうし、次の首相候補と言われている麻生、小池でもアカン。。。親中派、媚中派・・・とまで言われている福田・・・とか、中国の言いなりになる可能性のある民主党の小沢・・・やから、うまくいく・・・っていう部分は有ったのやろうね。。。いつもの中国はしばらく鋭い爪は見せないし、五輪、万博までは、あまり無茶なことを言っては来ないやろう。。。

 

 ただ、メンツを重んじる中国らしく、胡錦涛は、天皇との3回もの会見を重視している。。。国家主席である胡錦涛とのカウンターパートナーは、日本では天皇である。。。と、向こうが思っている証拠やろうね。。。3回目は、何と、天皇陛下にお見送りをさせる・・・という、今までの慣例では信じられないような対応を日本にさせている。。。福田じゃ、格下・・・やて、いいたいのやろうね。。。

 

 今回の胡錦涛の来日のお土産は、パンダであるし、逆に日本には、北京五輪の成功のために、皇太子あたりに開会式に出席してほしい・・・って頼みに来たのやないかね。。。国王クラスでは、日本の皇室は古いし、大国やし、来て貰えたら箔が付く。。。って信じ込んでいるフシがある。。。意外と、中国人っていうのは、こういうのに、こだわる人種やからね。。。

 

 一方、毒餃子やガス田問題なんかは、日本側は、口では抗議しているのに、顔が笑っている。。。暖かい春の旅。。。この言葉が、中国側の今回の訪中の思惑を全て表していて妙である。。。

 

5/10(土) 大阪の老舗料亭吉兆の食材使い回しが発覚。。。高い金、払って、人の食べ残しを食わされていたお客は、もう、こんな店、行かないのやないかね。。。それにしても、この湯木なる、ささやきオバハン。。。和泉元彌のオカン・・・にそっくり・・・やんか。。。イメージ、ダブり過ぎや。。。。

 

 客が手を付けなかった料理をまた出して、何が悪い・・・なんて言っている限り、客は来なくなるのやないかね。。。勿体ないと、ケチなののを混同させているあたり、この人には、接客業としての自覚そのものが全くない。。。前回の偽装事件は、まだ致命傷やなかったけど、今度のはアカンかもね。。。店、潰れるで、きっと。。。

 

 客の食べ残し・・・のことをレフトフード・・・っていう。。。厨房のなかに居る人たちは、この食べ残しのことを、ものすごく気にするモノである。。。自分たちの作ったモノが、客に受け入れられているかどうか・・・をハッキリとしたカタチで、目に見える通信簿のようなもの・・・やからね。。。だから、西洋料理のコックなんかは、このレフトフードを食ってみて、どこが悪かったのか、なぜ、お客は食べてくれなかったのか・・・を知るための参考にすることがある・・・と聞く。。。

 

 それに、喫茶店なんかで、サンドイツチの横に添えてあるパセリ。。。あれ、食べる人は少ないから、返ってきた皿からパセリを外して、また洗って次の皿に載せる。。。っていうのをよく聞く。。。これもアカンことなんやろうけど、これぐらい・・・はする。。。っていう暗黙の了解らしきものも、有るような気がするんやね。。。

 

 確かに、日本人は豊かになりすぎていて、高価な美味しい食べ物を、平気で残してしまう。。。ダイエットのために残すのなら、そんなにたくさん注文するなよ。。。って言いたいし、バイキング料理などで、大量の料理を取ってきて、食べきれずに残す人。。。これもアカン・・・って思う。そして、毎日のように大量に捨てられる料理。。。これを見て、モノのない時代に育った昭和1ケタ生まれの人が、もったいない・・・って思う気持ちも分からんでもない。。。

 

 でもね、勿体ないから、厨房の人らのまかないに回す・・・っていうのなら判る。。。それをゼニを取る料理にもういっぺん使ったらアカンわ。。。あんた、そんな料理、カネだして食べたいか。。。自分が嫌なことを、大事なお客さんにしたらあかんで。。。

 

 回転すしの「くら」では、客の目の前で、つい今まで回っていたお寿司を一定時間経過後、機械が自動的にはねて、廃棄処分するのを客に見せている。ハンバーガーのマクドナルドでは、客に見えるように一定時間が経過したフライドポテトを廃棄処分している。つまり、我々は、ちゃんとした出来たてのモノしか、お客様にはお売りしませんよ。。。っていうアピールをしているのやね。。。

 

 だから、客は、安心してその店のものを買う。。。これが信用や。。。いくら、お客とお店の信頼関係で成り立っている。。。って言ったって、ひょっとしたら、下に落としたものを洗って盛りつけているかも知れないし、不二家の3秒以内ならセーフ。。。なんて、馬鹿なルールをやっているところも、あったやん。。。客に信用してもらうのが食い物屋の商売の一番大事なこと。。。。だから、その信用を勝ち取るために、食の産業に従事している人たちは、毎日、必死になっている。。。

 

 それが、今度のことで、全部、おじゃんになってしもとる。。。結局、客は、自分の目の前で調理してくれるオープンキッチンの店とか、店の調理場がガラス張りになっているところ・・・しか、自分自身で自分の食べるものをチェック出来ないことになってしまう。。。それをしなくて良かったはずが、高級和食店やったのにね。。。吉兆のやりよったことは、自店のみならず、日本全国の食に関わるお店が、客に疑われる・・・という信頼関係を崩させたし、それでもまだ商売を続ける。。。なんていう厚顔無恥さは、もっともっと非難されるべきなんやないやろうかね。。。私ゃ、もう無理やと思うで、このお店。。。

 

5/11(日) 原油の値上がりが、止まらない・・・。実需以上に油の投機的な値上がりが続くと、世界経済にとって、悪い方向に向かうことになるから、要注意やね。。。早く、日本は石油中心主義から脱却して、水で走る車を作ったり、太陽光で発電する技術を進めなあかんやろうね。。。石油が1バーレル200ドルになってきたら、今まであまりにも、割高やったものが、コスト的に現実味を帯びてくるからね。。。

 

 ちょっと前まで1バーレル50ドルぐらいやった原油が今は120ドル。200ドルにいつかなるやろう・・・って言っても、誰もがその可能性を否定しない。。。そんな雰囲気になってきた。。。もし、石油が1バーレル200ドル時代になったら、どういうことが起こるか。。。石油を原料にしていた産業は、コスト高から、どんどん石油の代替資源を探す動きを加速するやろう・・・。バイオジーゼルエンジンは、トウモロコシなどをアルコールにしたモノで走るし、使用済み天ぷら油で走るバスなんかも増えるやろう。車の屋根にはソーラーパネルっていうのが、当たり前になるやろうし、石炭なんかも見直されて、リバイバルするのやろうね。。。

 

 海上輸送も石油に頼っているから、モノの物流も変わってくる。中国で生産されていたモノをアメリカまで運ぶのにたくさんの燃料が必要になってくるから、中国は、日本や韓国向きに製品の輸出先をシフトしてくるやろう。。。同じようにECはEC向けに製品の移動距離を減らそうとするやろうし、アメリカは南北アメリカ大陸向けに輸出先をシフトしてくる・・・。つまり、輸送距離の短い、域内の貿易が盛んになり、遠い国への輸出・・・というのが減ってくることが予想される。コストの問題でね。。。

 

 このことは、今まで世界がグローバル化とてきたのとは逆の流れで、経済のローカル化が促進されることを意味する。。。つまり、地産地消の、もう少し広い版やね。。。日本や中国、韓国などはECにならって、ACのようなアジア経済圏・・・のようなものを形成していくような流れになる。。。有る意味、運命共同体のような経済圏になるのやね。。。

 

 このアジア共同体・・・が実は、日本の将来に、ものすごく大きな影響があるのやね。。。この中で、当然、イニシアティブを取ろうとするのは中国。日本は、経済的には、中国の1つの州のような感覚になっていく。。。この流れは、どうしようもないのやろうね。。。それが嫌なら、日本は日本の道を行く・・・という、もっとしっかりした戦略が必要になってくるのやね。。。

 

 問題は、いかに日本が、中国に対する優位性を保てるか・・・これにかかっていることになる。昔なら、技術立国とか、特許や、著作権とかいう概念が、それやったのやけど、中国っていう国は、この今までの世界的なルールを完全に飲み込んでしまっている・・・。日本が他国に日本の優秀な技術力を取られる・・・という感覚でいていたはずや。。。

 

 ところが、中国に全世界中の企業がこぞって、工場を建てて、世界最先端の技術をここに集約して、世界へ製品を輸出する・・・という流れが出来てしまったのやね。。。これに乗り遅れたら、日本は世界から置いてきぼりを喰らう・・・。この危機感から、日本は最先端技術を惜しみなく中国に投資した。。。その結果、どうなったか。。。日本が優位に立っていたはずの技術力や、パテント、特許などの知的財産や、様々な優位性は、この数年のウチに、全くと言って良いほど消えてしまったのやないかね。。。

 

 ここには、その技術を開発した者への権利保護・・・という感覚はもうとっくの昔に消えてしまっていて、そんな全ての概念を中国という大国が、丸呑みしてしまった・・・という感覚がある。。。いつの間にか、日本の優位性とか、国としての優位性維持のような国民感情までが、消し去られてしまっていて、日本だけの技術やったはずが、中国で生産されている製品のための技術に変質していて、日本には何の特典も残らない・・・っていう結果だけが虚しく残っているだけ・・・っていう感覚になってしもたんやないかね。。。

 

 そして、残ったのは、巨大市場の中国に製品を売って食いつなぐ日本の姿。。。。中国共産党の政策変更に一喜一憂し、それに仕方なくついていかねばならない日本の惨めな姿。。。。なんで、こうなってしもたんや・・・と、後悔しても仕方がない・・・。そんな未来の日本の姿がもう、見えているやんか。。。

 

 今、日本に求められているのは、そうなったときに、日本はどうして世界で生きていくか・・・これなんやね。。。車や家電、アニメなんかで食ってきた日本が、次の一手を出せないでもがいている。。。ここ数年を見ているとそんな気がしてならないんやね。。。物づくりに長けた日本は、世界の人に日本のモノを買って貰い続けて大きくなった。だけど、いつまでも同じ事をしててもあかん。。。常に日本が世界の最先端である・・・という進歩を続けられないと、日本という国は息切れしてしまう運命にある。。。もっとこのことを、国民全部が危機感を持って、認識すべきやろうね。。。

 

5/12(月) 人権・・・っていうのを英語にするとヒューマン・ライツ・・・。何か、西側諸国の報道を見ていると、世界中の国が中国のチベット人弾圧を怒っているような雰囲気である。。。でもね・・・、アメリカ人は、先住民族であるアメリカインディアンの土地を奪って迫害したし、オーストラリア人はアボリジアニを大量に殺して、全てを奪ってしもた。。。それを後押ししていたのがイギリスやんか。。。日本だって、蝦夷の国であった人たちを征服した歴史がある。そんなに胸を張れるような事は、みんな、してないのやね。。。歴史を見ると。。。

 

 かつての欧州の列強各国は、武力で植民地を拡げていたし、その植民地獲得競争で一番、ひどかったのが、極東の国、中国だった・・というのも、何か皮肉な話やね。。。中国は欧州の国々に、好き放題にされていたからね。。。英国、仏国、阿蘭陀、西班牙、葡萄牙、米国、そして日本も、今の中国は植民地の草刈り場やったからね。。。

 

 中国人からしたら、自分の国を細切れにされて、植民地にされてきた苦い経験、苦しい歴史や。。。だから、そのへんの感情が、中国のテクノクラートと呼ばれる海外留学経験のある世界を知っているエリート中国人のなかにも、複雑な思いがあるのやないかね。。。白人達に対する根深い怨みに似た感情・・・。中国の成功に対する妬みの感情から、中国の五輪をあんまり、快く思っていないのではないか・・・という相互不信。。。これらが聖火リレーのゴタゴタに出ている。。。もう、ここまで来たら、文明衝突やね。。。

 

 私は、この一連の動きが、世界の繁栄の中心が、今まさに、東アジアに移りつつある・・・その過程で起きた現象ではないかと思うのやね。。。そのことへの抵抗が、何か北京五輪に対するイチャモン・・・になるし、ひょっとしたら、黄色人種に対する人種差別的な部分も捨てきれないと思うのやね。。。白人達の中には、昔から、黄禍論・・・というのがあって、肌の黄色い人種に、世界中の富や名声を全部、持って行かれるのではないか・・・という、えも言われないような、ぼんやりとした不安感。。。これが、白人達の抵抗の動機・・・になっている。。。

 

 これに、国粋主義が加わって、憤りの矛先が、中国という成金国家に向かっている・・・そんな気がするのやね。。。日本もかつて、エコノミックアニマルとか、イエローモンキーとか、せんど言われて来たからね。。。中国もそれに近い洗礼のようなものをいま、受けているのやないかね。。。日本は、世界からのそんな批判を、カネをばらまくことで、解消してきた。世界への援助とか、国連への拠出、円借款という名の返さなくてよい、気前の良い借金。。。つまり、バラマキをやって、世界の批判をかわしてきたのやね。。。

 

 ところが、中国っていう国は、そうはしない。。。世界に媚びへつらうことなく、自分は自分の道を行く・・・っていう感じや。。。有る意味、日本よりずっと大国や。。。そのかわり、周りとの摩擦も大きい。。。考え方や思想が全く違う国やからね。。。いろいろなところで反発を食らう。。。でも、そこでもやっぱり中国人という人種の数がモノを言う・・・。世界中に中国人は住んでいて、世界の人口のうち、5人に1人は中国人である・・・という圧倒性・・・。これが中国の地位を不動にする。。。つまり、チャイナスタンダードが、世界のスターダードになる・・ということを意味するのやね。。。人口が圧倒的に多いというのは、そういうことなんや。。。

 

 いろいろな意味で、中国っていう国は、ブラックホールのようなところがある。良いモノも悪いモノも、全てを飲み込んでしまうようなパワーがあるのやね。。。それが、少々、未消化であっても気にしない。そんな完璧主義者は少ないし、そんな1つ1つの考え方の違いや不満も全部、一緒くたにして、中国・・・に、してしまう。。。そんなパワーが15億人の強みなんやね。。。

 

 こんな国に、日本的なアプローチで、いくらモノを言っても仕方ない。。。世界は、こう見てますよ。。。っていうアドバイスをするぐらいしか出来ないのやね。。。顔は似ているけど、全く違う人種、漢民族・・・。困った隣人や・・・とぼやくより、お互いにうまくやっていける道を探るしか、日本は生きていく道がないのやね。。。日本は中国の近くで良かった・・・という地理的な優位性を喜べるような発想も、これからも必要になって来るのやないのかね。。。

 

5/13(火) 資源のない日本と違って、石油高騰で、誰が得をしているか・・・・。いま、資源のある国は、いま、ボロ儲け状態が続いているのやね。。。ドバイなんて、オイルマネーの恩恵ですごい発展を遂げているし、中東の産出国は軒並み、金余りでウハウハ状態が続いている・・・。その有り余った資金がまた石油先物市場なんかに再投資されて、オイルダラーバブルは、止まるところを知らない。。。。

 

 そんななか、意外にも、ロシアが元気である。とても貧乏国で、世界から借金ばかりしていたのに、その借金をかなり返した上に、余裕まで出てきたのやろうね。。。原油さまさまや。。。もともと、もうちょっと原油高騰が早かったら、ひょっとしたらソ連崩壊も無かったかもしれないのに。。。。

 

 豊富な石油資源で、潤ったロシアは経済成長が著しい。。。ところが、これが、くせ者なんやね。。。いくら個人資産を蓄えても、平気で国が取っていってしまうようなお国柄だからね。。。だからロシア人はいくら儲けても、外国に資金を持ち出したり、使い切ってしまう・・・。という癖がある。。。なかなか、国内に再投資。。。っていうことにならないのやね。。。

 

 そのロシア人も、やっと少し余裕が出来て来たのか、国内で貯金したりする人も出て来たのやて。。。日本人からしたら、驚くようなことではないのやけど、ロシア人からしたら、歴史的なこと・・・なんやね。。。貯金するなんて。。。

 

 でもね。。。日本からしたら、ロシアの発展・・・っていうのは、痛し痒しの部分があるのやね。。。豊富な資金は、膨大な軍事費に回っているし、プーチンと次のなんちゃらいう大統領は、領土問題でも強気の姿勢を崩さない。。。経済的に貧しい時なら、欲しかった日本の援助や投資も、もう自前で出来るから、あんまり必要でない。。。またまた、危ないナショナリズムが台頭してきたら、北東アジアも緊張することになるからね。。。

 

 ロシアっていう国を理解しようと思えば、やっぱり、共産主義的な役人制度にぶち当たる。。。役人の腐敗がキツイのやね。。。袖の下を持っていかないと、いつの間にか、個人資産が没収されていたり、法律が勝手気ままに変えられて、理不尽な振る舞いが、国家権力の傘の下で、平然と行われている国。。。それがロシアやからね。。。

 

 日本が忘れてはならないのは、ロシアって言う国は、まだ日本にとって仲の良い友好国ではない・・・ということなんや。。。チョツト前まで、日本と戦争していた国。。。それも、昔に日本が一度勝った・・・という屈辱・・・これを向こうが持っているのやね。。。だから、第二次世界大戦終了直後のゴタゴタに北方領土に攻め入って、自分の領土に無理矢理してしまいよった。。。というずるさ・・・が日本人には許せない。。。そんな、抜け目の無さ。。。横暴さ。。。乱暴さ。。。日本軍のシベリア抑留の怨みも、まだまだ日本人には抜けていない。。。

 

 北海道に住む人は、このロシアの恐怖に、常に悩まされていて、漁船に乗っている人なんかは、ロシアはやはり、大きな脅威である。年に何度も逮捕、拘留される事件があるし、逆にロシア漁船の密漁も横行していて、日本の船にロシア産のカニなんかが大量に水揚げされている。。。日本の方が高く売れるからね。。。

 

 日本は平和に慣れきっていて、多くの日本人は敵が攻めてくるなんていうことはない・・・と、思いこんでいるのだが、実は、ロシア・・・っていう国は、一番日本が警戒すべき国やと思うのやね。。。もし、米国が在日米軍を大幅に撤退させたりしたら、真っ先にロシアが仕掛けてくるかも知れない・・・これだけは、日本の自衛隊の人たちは、肝に命じておかんと、アカンと思うのや。。。隣にいるのは、そういう国や・・・っていう認識・・・。これは大事やで。。。

 

 そんなネコを被ったロシアも、自国の経済が順調なウチは、少し安心や・・・でも、これが不調になって、またロシア経済が悪くなったとき。。。これに気をつけないとあかん。。。政情不安は、ナンとか国民の批判を紛らわせるために、外に目を向けさせようとする。。。そうしたら、ロシアはまたまたドンパチをはじめる可能性が強い。。。歴史は繰り返すからね。。。日本は、気を抜いてたらあかん。。。北の熊は、予想以上に獰猛やからね。。。

 

5/14(水) 自民党もアホやないから、サミットが終わって、後期高齢者問題が解決した時点で、衆議院を解散し、総選挙をして、その際に、民主党の中にいる自民とシンパシィのある人たちを引っ張って、ねじれ現象を解消しよう・・・なんていう作戦を考えている人がいるのやね。。。ただ、今の段階では、ただのお花畑妄想やけど。。。9月の総選挙有るのかもね。。。

 

 自民にとって予想外やったのは、75歳以上のお年寄りを敵に回したこと。。。厚労省の説明では、ほとんどのお年寄りには、負担が減る・・・はずやったのが、実は、そうではなかった。。。まして、将来、どんどん負担が増えていってしまう。。。これが明らかになったのやね。。。こんな大事なことを、役人任せにしとるから、こんな失態になったんやろうね。。。あいつらは、そんな、デリカシーの部分なんか、これっぽっちも頭の中には無かったやろうからね。。。

 

 今の時代は、確かに、お年寄りほどカネを持っている。若い奴が、日々の生活で、ヒーヒー言っているのに、老人達は、たっぷり年金を貰えるし、副業や不動産収入なんかがある人も多いやろう。。。でもね・・・今まで、せんど払い続けてきた健康保険が、いきなり75歳になったからと言って、掛金を増やされたりしたら、誰でも怒るで。。。今までみんなで見ていた制度を75歳以上が特別、たくさん医療費を使うからと言って、それだけ別の保険制度にしたら、ほな、今まで払ってきた保険掛け金は何やったか・・・となるで。。。

 

 私は、保険制度と年金制度の仕組みを、ごっちゃにして考えるから、こんなアホなことになる・・・と、思うのやね。。。年金は確かに若い人がお年寄りの生活を支える・・・という仕組みになっとる・・・。でもね、健保は違うと思うのやね。。。働き盛りの人たちは、病気になんて罹ってられる暇はほとんどない・・・と思うのやね。。。でも、その人達は高額の健康保険料を支払っておる。。。それは何のためか。。。その意識の問題なんやと思うのね。。。

 

 若い人が黙って健康保険料を払うのは、自分の将来、罹るであろう大きい病気のために、高い掛金を、何の文句も言わずに支払っているのやと思うのやね。。。つまり、自分の医療費を、先払いで分割払い・・・で払っておる・・・感覚や。。。ところが、現実には、若い人の払った健康保険料を、どんどんお年寄りの病気治療に注ぎ込んでおる。。。これが現実なんやね。。。つまり、今の若い人が年寄りになった頃は、より少子化になっていて、自分らはまともな医療を受けられないことになる。。。これがばれたら、詐欺やんか・・・となると思うのやね。。。

 

 日本の医療制度というのは、諸外国と比較しても格段に個人負担が低い。。。たった1割や2割を負担するだけで、他の8割を保険と税金で支払ってくれる。。。こんな夢のような制度が、人口バランスが崩れてきた今、未来永劫、続くわけがないやんか。。。つまり、これからは、そう簡単に医者にかかれない人たちがどんどん増えていくことが考えられる。。。無い袖は振れないのやからね。。。

 

 この矛盾をナンとかしようと思えば、日本人の人口を増加させていく・・・しか方法は無いのやね。。。ところが現実は、人口がドンドン減っていき、負担する人が減って、その重圧に耐えきれなくなって、破綻する。。。これが見えているのやね。。。

 

 私は、やっぱり、この制度設計が失敗やった・・・と言わざるを得ないと思うのやね。。。安く医者にかかれる制度は、無駄な薬や不必要な治療を増やし、有る意味、日本人を甘えさせすぎてしもた。。。長寿世界一は、ええのやけど、こんなことを続けていたら、日本人の払う税金の半分以上は老人医療につぎ込まないと、立ち行かなくなる。。。ほんまに、それでいいのか。。。みんなにもっと問いかけるべきやね。。。

 

 私は、健康保険という、まやかしの制度を見直して、税金で半分は負担するけど、保険掛金ではなくて、窓口での負担比率を上げるしか方法は無いと思うのやね。。。そのためには、今の民間の医療保険のように、お小遣い程度が出るのやなくて、より充実した制度に改革して、健康保険の負担比率を下げていくしか方法はないと思うのやね。。。

 

 こんなことをしたら、医療保険に入れない人は、高額の医療費が支払えなくなるから、医者に行くな・・・というのか・・・という感情論が出てくるのやけど、ほなそれを全部、税金や健保で出すのか。。。それを誰が負担するか・・・という議論になったら、誰も口を閉ざしてしまうのが現状なんやないやろうか。。。

 

 日本という国は、確かに医療が進んでいるのやけど、医者代が異様に安い。。。ええ国やええ国やと言う前に、誰のお陰で安くすんでいるのか。。。医療弱者の比率がどんどん上がっていったら、どうなっていくのか。。。浮浪者のオッチャンが、病院をたらい回しされるのは、カネがないからや。。。日本も、この現実に、目を背けてばっかりもいられない・・・のやないかね。。。私は、窓口負担が5割、税金や保険からの負担が5割ぐらいまでせんと、医療費の増大・・・は収まらないし、無駄な薬や、必要以上の治療を求める人は減らないと思うのやけれどね。。。

 

5/15(木) ここしばらく、北朝鮮に動きがないなぁ・・・と、思っていたら、何と拉致被害者がまだあと15人ほどいた。。。というニュースが・・・。その人らの消息情報を、交渉条件に向こう側が出していたんやて。。。何やねこの国。。。。

 

それと、横田さんの孫娘にあたるキムヘギョンちゃんとその父親が韓国内で、逢えるようにセッティングする話も。。。何か、忘れかけていた拉致問題を風化させまいと、少しづつだけど、あまり目立たない動きが進んでいた。。。そんなところやろう。。。

 

 横田めぐみさんの問題は、遺骨が日本側のDNA鑑定で、全くのニセモノやと日本が抗議した時点で、向こうはへそを曲げてしもて、遺骨を返せ、いや返さない・・・で、話し合いが行き詰まり・・・になっている。。。もし、韓国内での面会が実現したら、日本側はニセモノの遺骨を返す・・・っていうのが条件になっているのらしいけどね。。。向こうは、向こうの鑑定をして、本物やと、どうせ言うのに決まっているけどね。。。

 

 こんな、細かいいろいろな動きがあるのも、実は、北朝鮮という国が置かれている現状を表しているのやね。。。北朝鮮にとって、一番大事なのは、現政権の身分保障・・・というか、政治体制の堅持なんやね。。。そのためなら、何でもする。。。ところが、このまま、米国が北朝鮮への経済制裁を解除せずに、テロ指定国家の指定を解除しないと、この国は、ひょっとしたら、餓死を待つだけになるかも知れない・・・。だから、北朝鮮が一番辛いのは、米国に無視され続けること・・・ってことになる。。。

 

 こうなったら、親の気を引きたい、幼な子・・・と同じになる。。。親に無視された子供は、だだをこねて、親の関心をこっちに向けようと、必死になって泣きわめく。。。そうしたら、何かオモチャやお菓子を買って貰える・・・っていうことが判っているからね。。。今の米朝関係は、これに精神構造がかなり似ている。。。無視が続くと、米国の偵察衛星にちゃんと見えるように、ミサイルをバンバン撃ったり、核実験もどきをやってみたり、シリアに核兵器を輸送してみたり・・・。ほんま、大儀なことや。。。

 

 この国の政府にとって、国民がいくら餓死しようと、そんなのは知ったことやない。。。これって、大災害が自国で起こって国民が死ぬか、生きるかの瀬戸際に立っているのに、新しい軍事政権を認めるための憲法成立を目指した名ばかりの選挙をやめない、ミャンマーの軍事政権と、一緒やで。。。つまり、大事なのは、国民やなくて、政権であり、国のトップ。。。この発想と同じや。。。

 

 残念ながら、多くの後進国では、国民が自国の行く末を公正に選択して、その意志を行使できる・・・っていうのは、ほんの僅かな先進国だけなんやね。。。ほとんどの国は、未だにカネをたくさん持っていたり、強力な武力を持っていたり、声が大きくて、押しがきくだけのトップが、国の元首になったり、大統領になったりしている。。。ここには、欧米諸国が望む民主主義や、自由や公正・・・という、西洋の宗教的価値観のなかで育まれて来たルールを全世界中の国に押しつけようとする流れと、自国の民度や社会構造の発展プロセスや進度の大きなギャップがあるのやね。。。

 

 環境問題かて、今までせんど好き放題してきた先進国と、これから発展しようとする国では、全然取り組み方や利害が違って当然やんか。。。ここでも、ぶつかり合いは必至や。。。。

 

 だから、その差が大きな対立になるし、いろいろな衝突が繰り返される。。。先進国は、このことに、もうちょっと配慮しないと、これからも、もめ事が絶えないのやろうね。。。もう少し、その国が発展するのを長い目で見てあげる・・・そんな余裕が先進国に必要なんやないかね。。。今度のサミットもそんな機会になったらええのにね。。。

 

5/16(金) 中国・四川省で起こった大地震。。。ものすごい数の死者が出ている・・・。痛ましいニュースが、次から次へと飛び込んでくる。。。。中国みたいに、あんな耐震強度の弱い建物で、勉強せなあかん国は、ほんま、気の毒やね。。。同じ人間なのに、生まれた国によって、こんなに恐ろしい災難に遭う確率が高すぎる。。。。ほんま、人の命の安い国やで。。。未だに、何万人もの人が瓦礫の中に埋まったままやなんて。。。救助する人も多いやろうけど、もっと救助が早かったら助かった命も有ったやろうに。。。

 

 ミャンマーもそうやけど、中国も、外国人が、救助隊とはいえ、自国内に入って来られるのを、何でそこまで、嫌がるのかね。。。恥部を見せたくはない・・・っていうのと、やっぱり、四川っていうところは、チベットに近い・・・。その辺の抵抗感が有るのやろう。。。。まぁ、被災者の数が何万人・・・っていう話やから、救助作業をする人も、何万人・・・もの人で対処せんとあかんのやろうけど、人民解放軍を総動員した方が、ちょっとぐらいの外国の救援隊が行くより、マシか。。。ここは、人だけはたくさん居る国やからね。。。人海戦術がまだまだ通用する。。。

 

 そんななかでも、聖火リレーだけはしっかりやる。。。広い国なんやけど、自分の子供が生き埋めになっているのに、加油!中口!・・・って、何か虚しく無いか。。。

 

 阪神大震災の時もそうやったけど、四川の震災といい、ミャンマーの被害といい、避難場所がある・・・っていうのは、まだまだ日本は有り難いことやね。。。。少なくとも生命の危機だけは免れる。。。。地域の学校の体育館なんかが、最低限、しっかりした建築基準で建てられているから、何とか一時的な避難場所は確保出来るからね。。。行政の無駄・・・ハコモノ行政・・・って非難される場合は多いけど、いざというときは、ええ建物を作っておいて助かった・・・ということになるから、公共工事っていうのは、一概に無駄づかい・・・って言いにくいのやね。。。防災の観点から見たらね。。。

 

 何か、世界的な災害が起こったら、全世界から被災地に救援物資やら、水、食料、テント、医薬品などを送る・・・っていう表明がある。日本もミャンマーに10億円、四川に5億円の支援を表明した。先進国は競うように支援表明を金額でするのだけど、これがなかなか難しい。。。少なすぎても恥をかくし、多すぎれば批判になる。。。

 

 日本はかつて、遅すぎて、少なすぎる。。。っていう批判に、いつも、さらされてきた。。。だから、今回、福田さんにとっては、精一杯早く5億円の支援を表明したんやけど、アメリカの表明した支援額は、50億円。。。あ〜あ、また、やっちゃった・・・の感があるかね。。。たった5億円でどうするねん。。。ってことになるのやないかね。。。日本の政府は、この辺のセンスがあんまりない。。。。それであわてて増額する。。。それで、落ち着いてからもっと巨額の支援支出に追い込まれる・・・。いつものパターンや。。。

 

 今回の災害やったら、まず30億円ぐらいの花火をバーンと上げておいて、不必要なら、やらなければいい。。。それで、後を引かないように、早く、集中的に助ける。。。その方が、印象が深くなるし、感謝もされる。。。日本は、どうも下手やで。。。。後からの支援は、注目もされないし、有り難がられない。。。そやのに額だけは大きい。。。。ほんま、下手やね。。。

 

 中国のように人口の多い国での災害っていうのは、やっぱり被害者も多い・・・。ただ、人手はたくさんあるから、外国のいくら優秀なレスキューがやってきても、その数が、問題なんやね。。。20人や30人行ったって、何の足しにもならない。。。高度なレスキュー技術があっても、なかなか出番がある数が多すぎて、焼け石に水・・・ってことになる。。。難しい問題やね。。。

 

 それに中国っていう国は、広くて大きい。被災した地域の周りには、いくらでも支援地点がある。道路さえ確保できたら、わざわざ外国から資材を送らなくても何とかなる・・のやね。。。だから、いまは、道路復旧の支援と、ヘリ輸送ぐらいかね・・・値打ちのあるのは。。。でも、自国内に米軍ヘリが入るのは・・・アレルギーが強すぎるのやないかね。。。やっぱり。。。つまり、意外と、他国が手助けできることが、無い・・・っていうのが現実なんやないかね。。。

 

 だから、もし中国が助けを求めるのなら、新しい頑丈な学校の再建支援・・・あたりになってくるやろう。。。それも、国のメンツがあるから、施しは受けない・・・って言われたら、それまでやから。。。つまり、支援金額の表明は、絵に描いた餅になる公算が強いのやないかね。。。。まぁ、それより、命を救うのが第一。。。一人でも多くの人が助かりますように。。。それを祈るしか無いからね。。。今は・・・。

 

5/17(土) それにしても、日本の高級官僚と呼ばれる人たちのレベルも下がったね。。。少なくとも、後期高齢者医療制度を巡る厚労省の役人達のドタバタ続きの下手くそなプラン。。。ここまで、国民の反応を全く読めてないような、不細工な制度設計は無いのやないかね。。。日本の官僚が優秀やった時代は終わったね。。。

 

 75歳以上という年齢による切り分けをしてしまったこと。。。本人の了解も無しに、年金から天引きして掛金を強制的に取るようにしたこと。。。いずれも、国民感情・・・っていうのを、全く理解していない。。。自分が、それをやられたら、どう思うか。。。相手の身になれば分かりそうなものやのに、そんな配慮が全くない・・・。肝炎訴訟の時もそうやったけど、ほんとにここが国民の健康を守るための役所か・・・っていう素朴な疑問を持つね。。。。

 

 私は、今回のトラブルの多くは、今まで、各自治体が、自分の出来る範囲で、一生懸命になってやってきた老人医療に対する制度を、全国一律にしようとした・・・というところに、大きな無理があったと思うのやね。。。市町村レベルでは、それぞれの地域の実情に合った、きめ細かい対応が出来ていたのに、それを全部まとめて、国が背負い込もうとした。。。そもそも、そこに無理があるのや。。。

 

 報道でも明らかになっている通り、地方自治体は、各々特色有る福祉制度をやっている。老人医療無料化を旗印にして選挙に当選した村長さんは、選挙民と公約という約束をしているのやね。。。だから、その村では、道路の補修は、そこそこにして、老人の医療費を何とか全部税金で負担しようと、頑張っているのや。。。これはね有る意味、悪いことやないのやね。。。

 

 他方、どうしても高速道路が欲しい地方都市は、そんなのに回すお金はないから、公共工事中心の予算配分になる。。。でも、それぞれ、それを公約にして選挙を戦って勝った人が首長になっとるのやんか。。。。だから、有る程度、国民の意思がそこにはある。。。ここに、国民の選択肢がある。。。

 

 ところが、そんなこんなのを全部、全国一律にするために、十把一絡げにしたらどうなるか。。。今までの地方の取り組みを全部白紙にしてしまうのやね。。。地方は国が決めたことは、お金を貰わないといけないから、従わざるを得ない。。。そんな構造が、今回の問題を、より大きくしているのやと思うのやね。。。

 

 私は厚労省のような役所っていうのは、有る程度国民の生活にもう少し近いところにあるべきやと思うのやね。。。道州制が実現したら、その州都。つまり、近畿やったら、大阪あたりにあって、各府県の実状が判るところで決めるべきやと思うんや。。。東京で全部決めて、全部これに従え・・・じゃ、難しい部分が多すぎるからね。。。

 

 もう、役人達は、自分たちに都合の良いように、制度をいじくるのは止めて欲しい。。。そうやないと、役人のための、役人による改革になってしまう。。。いつまで改革太りをしたら気が済むのか。。。もう、ええかげん、遠慮しなさい。。。って、言いたいね。。。官僚達が競い合って、国民の財布からカネをかすめ取ろうと、必至になっとる・・・。こんなさもしい気分に国民をさせてしまったのは、やっぱり役人がアホやからや。。。

 

 誰もが嫌がる税金を、どうしたら、文句を言われずに、痛みをあまり感じさせずに国民の皆さんから、頂戴するか・・・役人なら、一番気を遣うべきところやんか。。。サラリーマンなら給料から天引きされている所得税。家が有れば取られる固定資産税。買い物の度に払わされる消費税。ガソリン入れたら、含まれている揮発油税、タバコや酒に入っているたばこ税や酒税、領収書に貼る印紙税・・・、世の中にはいろんな税がある・・。それぞれに、役人たちが細心の注意を払って、国民から文句が出ないように慎重に仕掛けを作っている。。。

 

 ところが、今回のは、その辺りの配慮があまりにも無いままスタートしよった・・・というイメージがある。おまけに、議員さんたちも、大部分の国民の負担が減る減ると、ええかげんな説明を真に受けて、強行採決までして決めてしまいよった。。。まぁ、大失敗の法案やね。。。早いめに、大変更をするか、一旦、ひっこめるか・・・しか、方法は無いのかもね。。。

 

5/18(日) 世界各地で、穀物の値段が急速に跳ね上がっている。。。オーストラリアの干ばつやら、中国の経済発展、石油高騰がトウモロコシなどから出来るバイオ燃料への需要逼迫などで、食料への需要が異様に高まりつつある。。。近い将来、食物の奪い合いが始まるのやないかね。。。遠い未来だったはずの食糧危機が、すぐ目の前に来る可能性が出てきた。。。

 

 台風、震災などの自然災害は、作物などの需給関係を激変させる。。。どうやら今年あたりは、この災害の多い年になりそうな予感がある。。。ミャンマーやら中国やらで、もう、ものすごい被害が出ているからね。。。

 

 今まで日本はお金で食物を海外からたくさん買っていたけど、そんな事態になると、お金なんかより、食料の現物を持っている国が強くなるのやね。。。いわいる、食料安保や。。。日本の食料自給率は、他の国から比べると、極端に低く、ほんとにたくさんの国からの輸入に日本人の胃袋は、頼り切っている。。。という実状があるのやね。。。

 

 これではあかん。。。と、日本国内で、なんとか日本人が食っていけるだけの食物を作らないとあかん。。。と、政府は、随分、日本中の農産物に税金をつぎ込んでいる。。。この補助率が何と58%。。。つまり、日本人のための食料を確保するために、日本人の税金を半分以上もつぎ込んで、日本国内産の割高な作物を安くしている。。。ということなんやね。。。

 

 私は、これを批判するつもりは無い。欧米の先進国だって、自国内の農畜産業を守るために、大量の補助金を投入して、万が一の時に備えているのだからね。。。

 

 いま、小麦や飼料が、恐ろしいほど急騰している。日本国内でもうどんやパン、ラーメンなど小麦を使った製品は軒並み大変や。。。小麦は日本ではほとんど作られてないからね。。。輸入頼りや。。。ところが、日本の米は、休耕するために、お金を支払って、作らないでもらっている・・・という馬鹿な状態になっとる。。。日本は米余りになっていて、需要が先細りになっているからね。。。

 

 でもね・・・。よう、考えてみたら、この小麦価格の高騰で、米の粉を原料にした食パンとか、いろんな米を材料にした食品が増えてきた。豊かになった中国なんて、高くても、美味しくて安全な日本産の米がひっぱりだこだという。。。この気を逃したらあかんのとちがうかね。。。日本は、休ませていた田んぼをフル稼働させて、需要喚起に応えるべきなんやないのやろうか。。。高い日本の米でも、国際競争力が出て来たのやから。。。

 

 日本の食管制度は、国が国民を餓えさせないように、まとめて主要穀物を自主管理する。。。という思想で、まだ続いている。。。本来なら、もう時代遅れ・・・と思いがちな制度なんやけど、やめるわけにはいけないものもある。。。その典型なのやないやろうかね。。。

 

5/19(月) またまた、お相撲さんの世界で、暴行事件が問題になっている。弟子をビール瓶で殴って殺してしまった事件以来、相撲部屋での「かわいがり」と呼ばれるしごきや、木刀や市内を使った気合いを入れるといった行為が、いろいろ、マスコミの皆さんには、関心事に映るようである。

 

 私は、年齢から来るものなのか、間垣親方などには同情的である。木刀も竹刀も取り上げてしまわないといけない相撲部屋って、何か奇異に感じるのやね。。。相撲とは言っても、そこは、厳しい格闘技の世界の一種である。体力、気力の限界まで合い詰められた者だけが、生き残れるような実力中心主義の世界で、弟子に指一本触れないで、口だけで指導出来るものなのか・・・と思うからである。

 

 先生が子供たちにする体罰の問題・・・にも近いが、私は、有る程度の許容範囲を持って、指導する側と、指導される側の関係が保たれていかないと、場が成り立たない・・・という部分が存在するような気がしてならないんや。。。

 

 少し語弊があるのを恐れずに言うならば、暴力を見せ物にする世界で、暴力禁止なんて、言う事自体がナンセンス。スポーツとはいえ、ボクシング、レスリング、K−1、キックボクシング、空手、などの格闘技の練習で、相手の身体に、フィジカルコンタクト無しで、成立しないスポーツばかりやんか。。。それを、規制し過ぎてどうする。。。

 

 相撲のぶつかり稽古では、「頭突き」という立派な暴力行為を行うし、グーではなくて、パーで相手の出鼻をくじくための「張り手」だって、立派な暴力。激しい「つっぱり」では、相手に鼻血を出させるぐらいは日常茶飯事なのやないのか。。。。言葉は悪いが、相撲を見に行く人は、鍛え抜かれた肉体の力士が、普通の人では、信じられないほどのパワーでぶつかり合う・・・という迫力有る取り組みを期待して、行くのであるし、そんなにお行儀の良すぎる相撲なんかには、興味すら示してくれないのが現実なのやないのかね。。。

 

 よく、相撲は国技だから、心技体が揃った力士が、1つの相撲道という道に精進する姿が美しい・・・なんて、いくら言ったって、相撲人気はやはり、強い力士、迫力有る取り組みが出来る力士を求めるし、そんな真剣な勝負を見たい・・・という人たちで、興業が、成り立っている・・・という事実もあるのやね。。。

 

 人間には、わがまま勝手なところがあって、日常生活の中で、人と殴り合いなんかやったら、警察に逮捕されるのやけど、相撲という特別な世界では、その非日常性が許される・・・と、思いこんで居たのやね。。。ボクシングで人をいくら殴っても訴えられないように、剣道でいくら人を叩いても逮捕されないように、それは、それが、そのスポーツのルールのなかにあるからなんや。。。

 

 今回の相撲部屋での暴力行為が是か非か・・・という話になると、私は、少し、大目に見てあげないとあかんのやないかと思うのやね。。。もちろん、弟子を殺してしまうまで殴る・・・っていうのは、論外やけど。。。そうやないと、力士になる人がどんどん減って、相撲自体のお客が減って、衰退していってしまう・・・ことを危惧するからなんや。。。大金を得られて栄誉もあるから、それを目指す力士の卵が集まる。そんな才能のある人たちを厳しい稽古で、より強くする。そこには、常人には考えられないほどの厳しさがやっぱり必要や。。。

 

 もし、お相撲さんの世界にまで、社会の一般ルールを押しつけたら、相撲の指導者たちは、何も出来なくなってしまう。。。何でもマスコミの言う通りにしてたら、相撲の世界までもが、面白くも何にも無い世界になってしまうのやないかね。。。私は、守り続けている相撲界の古き良き伝統の部分まで、「時代が違う」で変えてしまって、本当にええのか・・・って問いたいのやね。。。

 

5/20(火) 動物愛護団体のなかに、過激な活動で知られるグリーンピースというのがある。オーストラリア近海で日本の調査捕鯨船に、乗り移って妨害したり、いろいろな過激な捕鯨反対運動を全世界的に展開している団体である。

 

 どうやら、白人たちの間では、イルカや鯨などは、ほ乳類であるから、われわれ人間と同じ仲間である・・・という意識が異様に強いのかね。。。その昔、イルカを主人公にした外国のテレビドラマ・フリッパーっていうのも有ったしね。。。そんな頭が良くて、人間の言うことを良く聞く、鯨やイルカを食ってしまうなんて・・・日本人っていう人種は、なんて残酷で非道な事をするヤツラなんや。。。という思考回路が、彼らの頭の中には有って、それが、何が何でも許せないのやろうね。。。

 

 そう、我々が猿や犬を食べる国の人を、なんてものを、食べる野蛮人なんや・・・って言っているのと同じや。。。アメリカ人はアメリカンバファローを死滅寸前するまで悔い続けてきたし、オーストラリアでは、あのカンガルーやらワニまで食う。。。我々は、何で牛なら良くて鯨ならダメなのか・・・という素朴な疑問を思い浮かべるのだが、まぁ、一言で言えば、文化の違い・・・っていう言葉で終わってしまう。。。

 

 ところが、白人達の鯨擁護は、かなりヒステリックで、鯨を食べる日本という国、そのものを否定して来よる。。。だから、その行動は、世界的に見てもとても過激に映るし、そこまでするか。。。という行動が目に付く。。。

 

 先日も、調査捕鯨という名目で事実上、日本で流通しているくじら肉を、西濃運輸の営業所で見つけたグリーンピースのメンバーが、何と23.5sもの鯨肉を「証拠品」だとして持ち去ったそうである。。。

 

 そもそも、日本国内で、ただのNPO法人であるグリンピースなる団体に、証拠品を押収する権限など無い。。。つまり、この行為は、日本の法律に照らせば、ただの「どろぼう」というのが正しい。窃盗罪で逮捕すべきなのに、不思議と警察は動かない。なぜなんやろうね。。。

 

 日本人にはとても悪い癖があって、白人たちには、滅法弱く、他の有色人種たちを下に見下す・・・という戦後60年間、ずっと続いてきたコンプレックスに近い感情が、まだまだ日本の中に有るのやね。。。相手を言い負かすのに優れた白人たちに対して、日本人は和を持って尊しとなす。。。人と対立したくない・・・長いものには巻かれろ・・・っていうところがまだまだあるのやね。。。

 

 だから、グリーピースの代表が記者会見して、盗品をマスコミに公表して、これが証拠品の押収である・・・なんていう屁理屈をこねているのに、何にも反論しないし、窃盗罪での逮捕もしない。。。おかしな国やね。。。ニッポンは。。。ただのくじら肉泥棒やのに。。。日本でこんなことをしたら、日本の法律で逮捕される・・・というところを、ちゃんと見せておかないと、なめられるだけなめられるで。。。

 

 23.5sの鯨肉を取られた人も、なんで、警察に訴えへんのや。。。外人さんやからって、遠慮してたらあかんで。。。西濃が紛失事故で弁償するのやろうかも知れないけど、筋だけは通しておかないと、この手の犯罪は模倣犯が流行る。牛の肉は不浄やから、食べたらあかん。だから、全国のお肉屋さんで、証拠品を抑える・・・っていう言い訳で、肉泥棒が横行しても、文句、言えなくなってしまうからね。。。肉だけに、筋だけは通しておかんと・・・。。。へぃ、お後が宜しいようで。。。

 

5/21(水) 日本と中国と韓国・・・。この3つの国の関係っていうのは、いろいろな意味で微妙な関係が続く。日本と中国が最近少し仲が良くなってきたかと思うと、今度は日本の竹島のことを教科書に日本領土だと明記する・・・というニュース報道だけで、韓国世論が総攻撃。。。韓国の大統領も、比較的親日な方になったところやのに、まだまだ韓国という国の世論は、日本という国に対しては、ものすごいエネルギーとアレルギーを発する。。。そんなところやろう。。。

 

 竹島問題に関しては李ショウバン・ライン以来、韓国の軍隊が無理矢理この島を占領、実効支配してしまって、日本は反発している。日本が国際司法裁判所でねこの島の帰属を決めてもらいましょうと提案しても、それなら、この島を日本に取られてしまうと思っている韓国側は、必死になってそれに反対している。。。

 

 それどころか、韓国では、次は対馬だ・・・っていうのが流行っていて、韓国のお金持ちが、対馬の広大な土地を買って、韓国人向けのリゾート開発をやっておる・・・なんて話は、けっこう有名である。なんせ、対馬は韓国の方がはるかに近い。毎年、大量の韓国人観光客が、一番手軽に行ける海外旅行として、大挙して対馬に押しかけているのやて。。。

 

 先日も、韓国の小学生の団体が、対馬に来て、韓国の国の花であるムクゲの苗木を大量に買い込んで、韓国側に向いた見晴らしの良い公園に、許可無く勝手に記念植樹をやりよった・・・なんていうニュースが流れていた。。。対馬経済は、韓国という面ではもう既に韓国人が実質上、握ってしまっておる。。。何か、経済的に、島を乗っ取られたようなやな感じやね。。。

 

 日本も、南沙諸島とか、対馬とかには、海上自衛隊か、海上保安庁の出先機関とかを置いて、威嚇ではないけど、日本の主権っていうのを、アピールしておかないとあかんのと違うのかね。。。事件が何もなくても、派出所が有るだけで意味があるのと同じ事やと思うのやね。。。

 

 特に、かの国の人は、ケンチャナヨー。。。って言って、何でも、少しケジメが出来ない性格の方が多い。。。スーパーでお金を払わずに先に売り場で飲み物を飲んでしまう。。。文句を言うと後で払おうと思っていた・・・と言い訳をする。でも、その実、大挙して押し寄せる韓国人観光客のお陰で対馬の観光業が潤っている・・・というのも、事実。。。痛し痒し・・・という部分はあるのやろうね。。。

 

 中国は別にして、日本と韓国の間のわだかまり・・・っていうのは、何かよほどのきっかけが無いと、劇的に改善されることはないやろう。。。でも、韓国の生活水準がどんどん上がって、日本と変わらないぐらいにまでなってきたら、だんだん、日本に対する特別な感情・・・っていうのも、薄れてくるのやないかね。。。何やかんや言っても、日本のお陰で有る程度、韓国は良くなった・・・っていうのは、口には出さない・・・いや出せないけど、韓国の人も実感として判っているやろうからね。。。何せ、近くの国やから、向こうも喧嘩したら損やというのが、アホやなかったら、判ってくるはずやからね。。。

 

5/22(木) 熊本県の慈恵病院で赤ちゃんポストが設置されて、早いものでもう1年になった。設置当初は話題になり、いちいち詳細な報道が、されていたけど、問題が人権に関わる事柄であったり、人の生命に関わる問題であったりしたことから、その内容の公表がしばらくされてこなかったやろうね。。。。

 

 それが、ぼちぼち1年間ということで、マスコミに発表があったようである。それによると、この3月末までに赤ちゃんポストに預けられた子供は、17名。うち、9名の身元が明らかで残りの8名が匿名だつた。男女別では男の子が13名で女の子が4名。中には報道された3歳児までもが入っているのやろうね。。。

 

 ここまでの報道だけだったら、そうかぁ。。。17名の命がこれで救われたのかなぁ。。。と、思うだけやったのやけど、その先にラジオから流れてきたアナウンスに、とても、嫌な思いになった。。。赤ちゃんポストに預けられた子供の中には、複数の障害者が含まれていた・・・のやて。。。

 

 このことが何を意味するか。。。生まれてきた子供が障害者だったから、赤ちゃんポストに捨てられた・・・。そう、ストレートに読み取れてしまう。。。なんか、情けなくて、切なくて、涙が出てくる。。。

 

 子供を産む・・・っていうことが、どれだけ尊厳のある事か。。。人の命っていうものが、どれだけ大事で、みんなで、いや、せめて親だけでも、その子を守ってやらないと、この世の中は成り立たないやんか。。。自分たちの血を分けた子供を、そんなに簡単に手放す・・・。この大罪の重さを、もっともっと、感じるべきなのやないやろうかね。。。

 

 まして、不幸にも、障害者に生まれてしまった子を、育児放棄したり、養育拒否をすることは、親として、人間として、許されて良いはずがない。。。そうやないと、こんな道理が許されてしまっていたら、出産の選別になってしまう。。。人の道にも反することやと私は思うのやけどどうやろう。。。

 

 日本では、毎年、多くの堕胎がなされている。せっかく授かった命やのに、親の身勝手で、殺されてしまう命。。。生まれてから殺したら殺人だけれど、生まれる前に殺したら、罪にならない・・・なんて、おかしなことやないか?まして、生まれた子供が、例えば障害があるから・・・という理由だけで、親が見放してしもたら、どうなる。。。

 

 この世の中に、生まれて来なかったら良かった命なんて、1つもない・・・って信じたい。みんな、周りの人たちの祝福され、愛されて生まれてきたい。子供には、そんな権利があるのやないか。。。。

 

NHKの朝の連続テレビ小説で、「瞳」っていう、里親制度が紹介されているが、何らかの事情で、親が子供を育てならなくなった子供たちが、ボランティアの里親さんの家庭で、大人になるまで養育する制度である。親子とは何か。家族とは何かを、今一度考えさせてくれる番組でもある。。。

 

人は、この世に生まれてきた限り、誰もが幸せになる権利がある。このことを言い換えたら、親は、子供を不幸にしてはいけない・・・っていう義務があると思うのやね。。。いくら、世の中が変わっていったって、このことだけは変わらない。。。そう、願いたいものやね。。。

 

5/23(金) 京都市南区の桂川沿いのサイクリングロードで、通り魔に女性が斬り付けられて、現金12万円の入ったカバンを奪われた。その犯人らしき男が現場にリュックサックを落としていて、その中に男の免許証が入っていた。何と、その男は枚方で自分の住むアパートの下の階に押し入って、部屋の中にいた15歳の少年を滅多切りにして逃げていた指名手配犯人らしいのやて。。。物騒な、怖い話やね。。。今もナイフを持って、何をするか判らないような危ないヤツがうろうろしている・・・と思ったら、おちおち、寝てもいられない。。。

 

 この事件の現場になった川の土手は、私が高校の時にクラブで走っていたランニングコースや。。。うちの会社からも、メチャ、近い。。。こんな近くで、こんな事件が。。。おちおち、自転車も乗ってられない・・・っていうことか。。。

 

 それにしても、出勤途中の主婦が12万円も現金を持っていた。まぁ、個人の自由やけど、みなさん、いくらぐらい財布に現金を入れてはりますか?銀行に預けるのが邪魔くさい人。いちいちATMに手数料を払いたくない人なんかは、意外とたくさん持っている人もいるやろう・・。お商売で、現金で仕入れんと、いけない人なんかも、比較的、多くの現金を持ち歩いている人も多いのかもね。。。

 

 そういえば最近、知り合いの方の家に泥棒が入った。その方はお金持ちで、自宅に現金やら宝石やらをたくさん置いていたそうや。。。多分、それだけを盗っていっているから、外国人と違うやろうか・・・と警察の人は言っていたそうやけど・・・。そもそも、このお家、泥棒被害に遭うのは、今度が始めてではない。泥棒に入られる度に、塀を高くしたり、有刺鉄線を張ったりしてはるそうやけど、泥棒にしたら、塀の高い家は、一度入り込むと、外から見えないから、仕事のしやすい家なんやて。。

 

 それに、家が、いかにも、お金持ちそう・・・っていう豪華なお家の作りやった。。。そら狙われるわなぁ。。。やっぱり、家には現金やら金目の物は置かないことやね。。。それでも、身近にいろいろ置いておきたい。。。そんな心理が働くから、泥棒稼業が成り立ちよるのやろうけどね。。。

 

 かくいう、ウチの親も、近所のかっぱ寿司に、持ち帰りのお寿司を買いに行って、駐車場に車を駐めた僅か数分間の間に、車のサイドドアのガラスを割られて、中に置いてあったカバンを財布ごと盗まれた事件があった。。。。あんなに人目の多いところでも、簡単にガラス割りをして、泥棒が出来てしまうなんて、日本も治安の悪い国になったもんやね。。。例え、100円、道にお金を落としても、交番に届けた・・・っていう生真面目な国民性は、どこへ行ってしもたんかね。。。貧富の差だけの話やないと思うけどね。。。

 

 私は、ニューヨークが、ジュリアーニ市長の時に、徹底的に警官の数を増やして、あの無法地帯やったニューヨークを、安全な街にするのに成功したように、治安維持・・・っていうのは、いちばん判りやすい税金の正しい使い方のひとつやと思うのやね。。。警官の数を増やすことで、安全安心な街になる・・・少なくとも、犯罪の数と警察官の数は、反比例関係にあるというのだけは間違いが無いからね。。。

 

 最近、しょうもない税金の使い方が問題になっているけど、国交省の職員1人のタクシー代に500万円も使うのやったら、その分、警察官を1人増やしてほしい。消費者庁とか、役人の権限強化だけのつまらん役所を増やす暇があったら、街の街頭に立つ警察官をもっと増やして、繁華街では、辻辻に警官が断っているようにしてほしい。ゼッタイ、おかしな事をしようと思うヤツをこれで減らせるのやから。。。

 

 人前で平気で自分の煙草に火を付ける中学生。。。こんなのも言語道断。もっとビシバシ取り締まれ。寄って盛り場で喧嘩するヤツ、覚醒剤やらいかがわしいDVDを売る奴、ピンク産業の目に余る客引き。。。こんなのも、警官がもっとうろうろしてくれてたら、下手なことが出来くなる・・・のやないか。。。

 

 今の世の中、物騒なことが多すぎる。でも、意外と、そんなことに巻き込まれないで済む方策・・・っていうのは少ないのやね。。。泥棒やら、強盗やら、何か悪いことをしようと思うヤツらが、やりにくいなぁ。。。と思わせる社会を作ることが、一番の防衛策になる。一番、大事なのは、みんなが悪いことから目を背けようとするのやなくて、しっかりと、直視することなんやね。。。

 

5/24(土) 大阪府の橋下知事が役人天国に斬り込んでいる。府職員の給料という、強力な組合と同解などのために、今までの聖域に4〜10%削減しようとしている。案の定、職員労働組合から、生活が出来なくなる・・などの反発が出ているそうやけど、私に言わせりゃ、平均年収720万円も、タンマリもらっとるお前らが言うな・・・って言いたいね。。。

 

 民間の平均年収が530万そこそこやのに、700万以上も、もらってて、生活出来ないのやったら、生活の仕方がおかしい・・・。文句有るのやったら、もっと、ええ給料を取れるところに、どうぞ転職しなさいな。そんな優雅な生活を、財政危機でキーキー言っている大阪府が、なんで必死になって守ってやらなあかん義理なんて無いと思うで。。。

 

 ある人の試算によると、日本の労働人口に占める公務員さんの割合は、14人にひとり・・とか13人に一人・・・とか言われる。これを元に計算すると国家予算の半分は、公務員さんたちの給料に費やしていることになっとる。。。ほんま、役人天国もええとこやね。。。80兆からのお金のウチ、40兆以上の税金が公務員さんの生活を守るために使われている・・・。この異常事態に早く気付くべきやね。。。

 

 この人たちの感覚では、まずお金を集める方法を確保して、たんまり集めてから、その予算の分捕り合戦をする・・・という感覚や。。。年金かて、税金かて介護保険かて一緒や。。。だから、口を開けば財源、税収が・・・っていう話ばっかりなんや。。。

 

 この前、後期高齢者の医療費負担を全部、税金で賄えば税率は18%・・・なんていう馬鹿な試算をやっているのも、消費税を上げたいがための援護射撃・・・。あんなばかばかしい試算を、臆面もなく、税金を使ってやらせたらあかんで。。。現実味が無さすぎるやんか。。。

 

 消費税率がいくら上がっても、輸出比率の高い経団連の御手洗のオッサンのとこのキャノンなんかは、輸出商品分に掛けられていた巨額の消費税戻し税が得られるもんやから、大賛成しとる。。。法人税は、儲けにバッチリかかるけど、消費税ならば、ものすごく負担が減るからね。。。ずるい奴ちゃ。。。こんなのズル過ぎるで。。。外郭法人税をしっかり作って取らないとあかんわ。。。

 

 やっぱり、税金っていうのは、いろいろな取り方で、いかに不公平感が無いように集める・・・しか無いと思うのやね。。。今は、ガソリン税を後期高齢者の医療費に回そう・・なんて、お門違いの議論が起こっているけど、たまたま、この時期に話題になっただけで、道路特定財源を、安直に回してええわけがないやんか。。。車を使う人だけがお年寄りの医療費を負担する?何やね、その歪な屁理屈は。。。アホちゃうか・・・。

 

 最近の役人達は、国民を脅しにかかっておる。。。誰だって、消費税が18%になってしもたら困る。。。でも、そうせんと老後の暮らしが心配になってくる。。。ほな、どうしたらええのか。。。国民の不安を煽っておいて、自分らの好き勝手な方向に持っていきたい・・・みえみえやんか。。。私は、究極的には、いかに、役人達に仕事をさせないか・・・これに尽きると思うのやね。。こいつらが動けばうごくほどカネが要るし、口を開いたら、予算の分捕りしか出て来いひん。。。

 

 渡辺ミッチーの息子がやっとる公務員改革かて、ものすごい抵抗で、結局、何にも変わらない・・・っていう感じやんか。。。政治に出来る唯一の方法は、強くなりすぎた役人達の権限を道州制などを使って、細切れにしてしもて、力を分散させて、今まで見たいな、わけの判らないカネを使えなくさせる・・・しか無いのやね。。。天下りかて、定年を他の民間会社がやっとるように65歳まで延長させて、他の団体なんかに再就職させないようにすべきなんやね。。。55やそこらで定年させるから、馬鹿なことをやりよる。。。それやのに、公務員だけのハローワークやて。。。アホちゃうか。。。そこでもまたまた公務員特権をこさえてたら、何のための公務員改革や。。。

 

 私は、税金で飯を食っている人は、自分の収入を常に、公開させられてもええようにしておく・・・という法律でも作ってもええと思うのやね。。。税金で支払う給与なんやし、透明性が必要や。。。もちろん、悪名高い外郭団体っていうとこに行っているヤツのもそうや。プライバシーより、私は、これだけの仕事をやって、これだけの報酬を税金から得ていますよ。というのを公開させるのや。。。何でこんな事をするのかというと、国民が役人を監視する・・・というシステムが日本の官僚機構のなかには弱すぎると思うのやね。。。つまり、重しが効いていないんや。。。だから、不正がなかなか見つからないし、コソコソ悪いことをしよるヤツが後を絶たない。。。役人達のどこまでも分厚い面の皮・・・。なんとか、ギャフンと言わせたらんとあかんで。。。

 

5/25(日) 国交省が四国新幹線の計画をやっとのことで諦めた。出来もしない計画を立てて、毎年のように調査費を1億円も使って、のべ24億円。。。国民に要らん夢を抱かせてしもただけ・・・。田舎の代議士に、この金、返させたったらええのに。。。

 

 ダムでも高速でも、国というところは、一度予算を付けたら、続けて支出する・・・という悪い癖がある。そうやないと、前に付けた予算が、どぶに金を捨てた・・・と批判されるから・・・なんやね。。。でもね、本当は、それこそ、無駄ゼニの温床・・になっとるんやね。。。一旦立てた計画を、中止にする勇気。。。これがほんと、大事になってくるのやね。。。

 

 長野県の知事やった田中康夫さんが、脱ダム宣言して、世間をあっといわせたけど、それほど、役人達が一度決めたことを<取りやめてやめにする・・・っていうのは、大変なことなんやね。。。メンツの問題もあるのやろう・・・。新幹線の栗東駅なんかもそうや。こんなものいらない・・・で新駅反対派の嘉田知事が当選するなど、何とか、役人達の無駄遣いを辞めさせようとするのは、政治の世界でしか出来ないことなんやね。。。

 

 いちばんええのは、もともとの計画をする前に、税金を使う前に、何にお金を使うか・・・っていう優先順位がちゃんとルールとして決められているべきなんやね。。。そうしたら、やれ道路や。やれ福祉や。年金や介護や・・・なんて花いちもんめ・・・の分捕り合いをしなくていいのに。。。

 

 普通の家庭やったら、今度のボーナスが例えば、100万出るとする。20万は車のローン、30万は家のローン、残りの50万のうち、子供の学費とか、帰省する費用とか、夏の旅行代とか、エアコンの買い換え・・・とか、いろいろ、算段をするやんか。。。これを国に置き換えたら、算段する・・・に当たる部分が本来なら国会の予算委員会なのやけど、これが全く機能してないから、困るのやね。。。

 

 各省庁が、予算審議とは別に、この省庁だけが使える特別なお金・・・っていうのを、長い間かかって、こそこそと、作って来よったんやね。。。つまり、ヨメサンのヘソクリみたいなもんや。。。ところが、このヘソクリが、余りにも多くなってきて、正々堂々と集めよるもんやから、本体の一般会計より、大きな特別会計になって、言わば、国会の審議に拘束されない類のお金になってしまつているのやね。。。

 

 もちろん、年金なんかは、その大半が年金の支払いに充てられるのやけど、それ以外にも、けっこう、役人達が使えるようにしてしまっとるのやね。。これは、橋本龍太郎が悪い。。。

 

 他にも話題になったガソリン税も、道路のために使う・・・って集めた金やのに、国交省職員のリクレーションにつかいよったり、マッサージ器を買っておったり、高速道路の料金所のオッチャンたちの福利厚生に使っておったり。。。ほんま、役人達のやり放題やんか。。。

 

 私は、今の複雑になりすぎたルールを、一度、徹底的にシンプルにして、国民にとって判りやすい税金の使い方は何か・・・という問いに応えてゆくべきやと思うのやね。。。

 

 民主主義国の先進国であるイギリスなんかを見てごらん。。。。国家予算案を発表する時、どこどこの小学校の改築費用に何万ポンド使います。どこどこの橋を架け替えるのに、これだれの費用で、何年がかりでやります。。。って、延々とテレビで放映している。。。役人達が、自分たちがネコババは、決してしていません・・・。っていうのを、徹底的に詳細なお金の使い方を説明することによって、証明しているのやね。。。

 

 これを日本でやってごらん。。。国交省の職員が1年で500万円のタクシー代を使いました・・・って、自らが公表しなあかんのやで。。。それを見ている人が、こんな酷い使い方をしている・・と指摘出来るところまで、詳細な説明をするやや。。。無駄遣いが出来ひんようにね。。。

 

 予算っていうのは、大概が誤魔化しや。そうやないと、予算の半分が役人達の懐に消える・・・つまり、人件費になっている・・・というばかばかしさに誰も文句言わないなんて・・・考えられへん。。。もっと、日本の公務員の民度や意識が、どんどん上るのを待つしかないのかね。。。

 

5/26(月) 老人の医療費がどんどん増えて来て、大変なことになっている。。。後期高齢者医療制度が大きな社会問題になっているところやけど、これから、団塊の世代がどんどん老齢化していったら、いったいどうなるか。。。将来不安は増大する一方や。。。

 

 でもね。私は、これまた、役人達のセコイ画策のせいや・・・と思う部分があるのやね。。。国民心理に訴えて、不安を駆り立てて、自分らの食い代を伸ばそうとする意図がみえみえやからね。。。

 

 老人医療っていうのは、昔は、無料が当たり前やった。たくさんの若い世代がお年寄りの医者代ぐらい面倒見よう。。。見目麗しい人間愛・・・そんな世界やったはずや。。。でもね、お年寄りになったら、誰でも、どこかが悪くなってくるもの。やれ、膝が痛い、腰が痛い、血圧が高い・・・いろんな症状は、老いが原因で出てくるもんや。。。でもね、北欧のように、収入の半分を税金で納めてしまうような国と同じ制度を日本のように自由主義国がやったらどうなるか・・・。結果は見えていたんやね。。。高齢化で日本の医療制度はパンクした。。。

 

 病院の待合室は、言っちゃ悪いが、暇なお年寄りのカルチャクラブになってしもたんやね。。。そこでは、病気自慢のお年寄り達が、毎日のように来院されて、ほとんど無料の手厚い医療を受け続けていたんやね。。。もちろん、中には重篤な人もいたのやけど、言っちゃ悪いが、タダやったら、めったやたら・・・に受診する人ばかりが目についてしもていたんやね。。。

 

 朝の番組ではみのもんたなんかが、いかにもお年寄りの意見を代表するようなことばっかり言っているけど、内科や整形外科やら、消化器科、眼科に歯科、週に一度の受診でも科を変えればまた医者通いが出来る。。。そりゃ、医療費が莫大な額になるのは当たり前やわ。。。そんなお年寄りに、聞いてみ・・・。飲みきれないお薬・・・張り切れない湿布薬・・・まるで薬屋さんでも出来そうなほど、あられの缶か何かに、思いっきり詰め込まれた高価なお薬たち・・・そんなおうちばっかりや。。。

 

 別に、お年寄りの人たちに、医者に行くなと言いたいのやない。でもね、明らかに、無駄な治療はやめてくれ・・っていいたいのやね。。。病院の待合室で、毎日逢うお年寄り達が、いつも、顔を見せる人が、今日は、来なかった。。。あの人、どこか、具合が悪いのやろうか・・・おぃおぃ、ここは、病院の待合室・・・やで。。。具合の悪くなった人が来るところと違うのかぃ・・・。なんて、笑い話が出来るぐらいやから、全国的に、こんな状況なんやろう。。。

 

 その前提があったから、窓口負担を1割にし、3割にし・・・なんてことになっているのやね。。。それで、窓口負担を増やすことによって、事実上の受診抑制をさせようとしたんやね。。。このことを共産党なんかは、ボロクソに言うけど、私は、ちょっと違うと思うのやね。。。そんなに重篤でない人に、少しご遠慮願って、もっと重病の人に受診機会を増やすことは、効率から言っても、倫理的な意味から言っても、良いことやと思うからなんやね。。。

 

 今回、こんなに大きな問題になったのは、75歳で線引きされた・・・と、高齢者の人が嫌だと感じていること。それに、保険制度でありながら、75歳以上の人だけが無理矢理加入させられるとても高い掛け金の保険制度・・・これを国から押しつけられたこと・・・これやと思うのやね。。。

 

 いくら、お年寄りでも、ワシは医者なんてかかりくない・・・っていう頑固者も多いと思うのや・・・まして大正生まれや、昭和一ケタの人なんか、悪くもないのに医者にかかる・・・というのを極端に嫌う人も多いんや。。。そんな人は、高い後期高齢者医療の掛け金だけ払わされて、ぜんぜん病院に行かない。。。つまり、自分の意志で、行く行かないは決めたい・・・と、思っているのと違うやろうか・・・。

 

 これは、人生観の問題にもつながってくるのやけど、どうせやってくる死・・というもの。これを国による手厚い看護の中で迎えたい・・・っていう人と、逆に、身体中に管を付けまくって、ただ、心臓や脳が動いている・・・っていう状態になってまで、恥を晒したくない・・・っていう気持ちの人も多いと思うのやね。。。うちの親なんかもそうや。。。延命治療に大金ぶち込んでお国のお金を減らすぐらいやったら、潔く死なせてくれ・・・っていう方の人も多いと思うのやね。。。

 

 問題は、その選択肢を、本人に与えてくれ・・・っていうことなんや。国が一律に、世界最高峰の延命治療を全ての国民にして、全員が命だけはある・・・っていう状態を、1年も2年も続けていたつて、それに何の意味があるのか?っていうことなんやね。。。それが何のため?日本人の平均寿命を上げるためだけに、そんな莫大な予算を組むことの意味ってあるのやろうか?この問題に結論が出てないのやね。。。

 

 弁当のランクやないけど、松竹梅のうち、うちは竹でええわ。ワシはひ孫の顔が人目見たいから松でやってくれ・・・。っていうのも、アリやないかと思うのやね。。。人間なんやから、他人様にどうこう言われてやるのやなくて、自分の意志で、自分の身体と向き合いたい・・・そう思うのは、当然と言えば当然なんやね。。。

 

 確かにお年寄りの人は金持ちの人が多い・・・のが現実なんやけど、その年寄りの懐をアテにしているこの制度。。。自分の治療費には金に糸目は付けないけど、赤の他人様が使う医者代に1円だって余分に払いたくない・・・っていう人も多いのや。。。それを75歳以上の人たちを十把一絡げにして、互いに助け合わせようと言うことを強要し、「かなりのお年寄り」っていう言葉でくくろうとする発想・・・これに、みんな怒ってはるのやないかね。。。

 

5/27(火) 女の人1人が忽然と消えた・・・。ワンルールマンションで起こった不思議な事件の犯人が逮捕された。犯人は、やはり、被害者女性と同じマンションの同じ9階に住む男がその人だった。。。

 

 この事件は新築わずか2ヶ月のワンルームマンションで起こった。最新式のセキュリティが施されたマンションは、有る意味、いろいろな意味で、犯罪監視にとっても、有意義なシステムだった。入り口はオートロック。各階には監視カメラ。警察は、犯行当日の150戸ものマンション住民の行動をしらみつぶしに消し込んで行き、全戸の住人の家宅捜索を実施した。もちろん、任意なんやろうけどね。。。

 

 そして、同時に全マンション住人や宅配便などの出入りする可能性のある人らまで、出来うる限りの関係者の指紋まで採取し、結果として、被害者女性の2軒隣に住む派遣社員の指紋と、被害者宅から採取された指紋が一致した・・として逮捕した。犯人は、マスコミ各社のインタビューなどに平気で応対していたり、全く無関係であると装っていたが、犯行を自供。遺体は切り刻んでトイレに流したんやと。。。

 

 そうやけど、そんな簡単に人間の身体がトイレの細いパイプを流れていくはずもなく、被害者宅での犯行なら僅か30分〜1時間の間に殺人と死体遺棄を完了しなければならず、そんなことが出来るものなのか。。。捜査の行方が注目される。。。

 

 最近、人の身体を切り刻んだり・・・という猟奇的な事件が多い。。。水辺で人の脚部だけが見つかったり、バラバラにして土に埋めたり、人を人とは思ってないような恐ろしいことを、よう、平気でするもんやね。。。食肉解体をやっている人とか、外科手術をやっている医師や看護師ならいざ知らず、普通の人が、そんな、恐ろしいことを平気で出来る・・・という感覚。。。これの方が、私はもっと恐ろしい。。。

 

 カルトな劇画や、無機質なCGゲームなんかの影響なんかね。。。私にはとても無理や。。。恐ろし過ぎるわ。。。

 

 私は、このような気持ち悪い犯罪が横行する背景というものを考えると、日本人が、いろんな意味で、変質してきている・・・という部分に目を背けたらアカンと思うのやね。。。つまり、日本人が人と人の関わりを最も重視する国民性であったのを、人との関わりを拒絶し、個人の殻の中に隠り、社会性というものを、持たない人でも、生活が出来てしまう社会になってしもた・・・。この影響が大きいと思うのやね。。。

 

 昔の日本は少なくとも、人と関わっていかないと、生きられなかった。。。世間の目とかが気になったから、おかしな事が出来ない・・・という社会的な抑止力・・・っていうのが、そこには有ったと思うのやね。。。ところが、近隣の人たちと、助け合ったり、地域のコミュニケーションなどが無くなってしまった都会では、壁の向こうに何を考えているのか分からない異星人のようなヤツが住んでいる。。。こんな恐怖に晒されないといけないのやね。。。

 

 人はいろんな人と関わりを持って生きていくのが、やっぱり、真っ当な社会生活である。ところが、隣は何をする人ぞ。。。という関係になってしまったら、我以外皆敵・・・という感覚になる。隣の生活騒音や子供の弾くピアノの音に怒った隣人が、殺人を起こす・・・というのも、もし、隣人と顔見知りであったらどうであったか。。。音が出るのはお互い様・・・という感覚になられたら、そんな事件も起こらなかったのやないか・・・という気もする。。。

 

 かといって、ほな、どうしたらええのか。。。ワンルームマンションの住人同士が交流する機会を設けたって、誰も来ないし、そもそも、その人が、そこに住んでいる・・・っていう存在を人に知られたくない・・・っていう感覚まで、今の流れは来てしまっている。。。お隣さんと仲良くなったり、貸し借りをする関係・・・っていうのを望まない人は多いし、逆に隣人が怖い男性なんかやったら、女の人は引越挨拶をするのさえ、憚(はばか)られる。。。っていうのが現実なんやね。。。

 

 個人情報を表に出さない。ストーカー被害から身を守るには、いろいろな工夫がされているのやけど、どれも、そんなに強力な万全策っていうのは無い。。。隣に住む人も信じられない世の中。。。。ひょっとしたら、日本は、世界一不幸な国に向かって突き進んでいる・・・のかも知れないね。。。

 

5/28(水) 先日、日曜のテレビ番組を見ていたら、中曽根元首相が、ええことを言っていた。役人の天下りとか無駄遣いとかで、国民からいろいろな批判が出ているけど、これは、政治家が、官僚たちを使いこなせてない証拠や・・・という趣旨やった。

 

 中曽根氏に言わすと、日本の高級官僚・・・っていうシステムは、実は、官僚自身がシンクタンク的な意義があり、優秀な人材を集めて、国家の行く末を考える・・・そんな崇高な理想がある・・・というのである。確かにそうやね。。。高級官僚たちは、日本一の大学から厳しい国家試験を経て選りすぐられた人材である。そんな人たちが、国家の行く末を真剣になって考える。。。そう言われりゃそうや。。。

 

 ところが、このシステムは、高度成長期の日本、特に戦後40年間ほどは、とても有効に作用したのやね。。。ところが、役人達が国家行く末のことより、自分たちの行く末を最優先に考えるようになった。。。つまり、政治家が役人になめられるようになってしもたんやね。。。有る意味、力関係が逆転してしもた・・・というところやろう。。。

 

 そら、官僚達は、行政に関しては、プロ中のプロ。政治家は、選挙で勝って来てはいるものの、行政では、素人な部分が多い。選挙で続けて勝っているうちはええが、国民の支持が無くなればその地位をあっさり失ってしまう。。。つまり、役人側からしたら、いつも、ド素人にものを教え込んで、何とか大臣さんの体裁を繕っているのは、我々や・・・という感覚になりよるのやね。。。これも無理は無い。。。

 

 そんななかで、やっぱり問題は、国会議員や大臣さんたちに威厳が無くなってきた。。。これやと思うんやね。。昔の役人達は、大物政治家たちにピリピリしていた。。。役人達も政治家を尊敬し、立てるところは立てる・・・ということをした。。。これが薄れてしまってきているのやね。。。これは、国民にとって不幸なことや。。。杉村タイゾウ先生のようなお若い代議士さんが50過ぎの次官級の人たちをあごで使うなんていのは無理なことやけど、でも、我々は国民の意見を代弁している・・・という意識だけは忘れないで欲しいね。。。そうしたら、自然と威厳は出てくるのやないのかね。。。

 

 かつての政治家っていうのは、偉そばっている・・・というイメージが強かった。でも、これって、有る意味、必要悪なんやね。。。政治家が偉くそばってないと、役人達に力関係を知らしめる・・・っていう意味があるのやね。。。ところが、今は腰の低い「良い人」役人にもやさしい人・・・が代議士になっとる・・・。ここらが致命傷なのかね。。。

 

 役人達をしっかり働かせるためには、政治家の先生方がもっと、重厚感が無いとあかんし、若いマスコミ記者がタメ口で記者会見に臨んでいる態度に、もっと威圧するような、人間的な厚みがないとあかんと思うんや。。。そのためには、もっともっと代議士は勉強をせんとあかん・・・。政治家が目先の票欲しさのために、ヘコヘコしてばっかりいて、政策の勉強を怠っている人が多いから、薄っぺらな発言しか出てこないし、そんな人を尊敬せえと、言う方に無理がある。

 

 何事にも前向きに進んでいる人は強いし、勢いがある。そんな努力を怠っているような人は、停滞するし、人心も離れていく。議員の先生方は、いつも、多くの人の心を惹き付けるものがなければだめだし、魅力的な人でなければならない。それが我々国民の代表である・・・という意識につながっていくのやからね。。。

 

5/29(木) どうも、今の自民党の中には、大きく分けて、大きな政府を目指したい人たちと、小さな政府を目指したい人たちがいるようである。福田政権の支持率が20%を切っている現在、あまりにも無策で不人気の現政権に嫌気がさした人たちが、ポスト福田を目指して動き出している・・・ということなんやろう。。。

 

 そんななか、やっぱり、少し動いただけで話題になるのが、小泉元総理である。月9ドラマで、いまやっているキムタクのチェンジというドラマは、初当選議員がルックスの良さと、しがらみの無さ、市民目線でのものいい・・などで、日本の首相になるストーリーだが、このお話の元になったのが、恐らく小泉首相だったのやないか・・・と思わせる人気ぶりである。。。。

 

 国民全員が、何か政治というものに、あきらめ感とかを抱いていた10年ほど前に、小泉首相は、2期、ものすごい支持率を維持したまま任期を全うした。小泉首相が受けたのは、国民のニーズをくみ取るのが上手かったこと。そして、政治家としての信念を貫いたこと。。。これに尽きると思うのやね。。。

 

 戦後50年も右肩上がりを続けてきた日本がバブル崩壊から失われた10年を経て、やっと経済が少し上向いた。景気減速が続いて、物価が下がり続けるというデフレを克服し、やっとのことで、少しの成長を出来るようになった。。。でも、日本は以前ほどの勢いはない。。。実は、答えは日本人自身の心の中にあるからなのやね。。。

 

 日本人は、1990年代に、何をしてもうまいこといかない・・・という暗黒の10年を経験している。。。この悪いイメージがまだ払拭できて無いのやね。。。だから、投資も躊躇する。だめなところは、まだバタバタと潰れる。。。昔のようなイケイケドンドン・・・の時代の日本しか知らない人たちは、世の中、全部が景気が良かった時代・・・っていうのが、いつかまたやってくる・・・と思いこんでいるフシがあるのやね。。。ところが、現実は勝ち組と負け組がハッキリと分かれてしまって、ええとこはええけど、悪いところは、泥沼から抜け出せない・・・っていう状況になっとる。。。

 

 この状況は公務員さんたちの認識にも影を落としている。役人さんたちの給料は世の中の景気に左右される。ところが、酷いことになっている民間を尻目に、公務員給料は上がり続け、まもなく大量の団塊の世代の人たちが退職し、多くの退職金が支払われる。。。この退職金の支払いがピークに達したとき、日本の役人さんの人件費はピークを迎えるのやね。。。

 

 小泉・安倍などは、役人達の数を減らして、何とか財政危機を乗り切ろうとしている。ところが、麻生・谷垣などの勢力は、消費税を上げてでも、政府の力を落としたくない・・・と考えている方の人たちである。福田氏も消費者庁とか移民庁とかを作ろう・・・という役所組織を大きくする方向に目が向いている・・・と言わざるを得ない部分がある。。。。これは問題やね。。。何でも新しい庁を作れば福田カラーが出せる。。。このせこい戦略がみえみえやんか。。。

 

 何でもかんでも国任せ。。。こんな日本人の悪い体質も、問題や。。。国の仕事は、あくまで、国家としてのこれからをしっかり設計すること。それやのに、役人をどんどん増やして、何でもかんでも役人達がしゃしゃり出るような国にしたいのかね。。。13人に一人が公務員という、馬鹿げた日本で、役人という人種は、何も生み出さないし、何も稼がない。だだ、単に、国民から集めた税金という「あがり」を喰らうだけの人たちや。。。

 

 日本が、もっと生産性の高い国や、付加価値の高い仕事をする国、頭を使って稼ぐ国にするには、役人の比率を最低でも1割以下に抑え込む必要がある。税金で飯を食う人が、多ければ多いほど、この国の税金は上げ続けなければならないし、住みにくくなる・・ということなんやろうね。。。ものづくりで食ってきた日本が、生き残れるかどうか。。。人しか資源のない国が22世紀も繁栄するにはどうしたらええか。。。もっと、みんなが真剣に考えないとアカンのと違うかね。。。

 

5/30(金) 新たにNHK職員の勤務時間内の株取引・・・に批判が集まっている。株の場が開いている時間帯は月曜から金曜の朝9時から11時半、12時半から3時まで・・・というのが東証の決まりである。他の証券取引所は微妙に時間が違うところもあるけど、だいたい近いもんや。。。つまり、普通のサラリーマンは、どうしても、勤務時間中に株を売買しないと仕方がない・・・のとちがうのかね。。。

 

 まぁ、朝の出勤前にその日の相場を予想して売買注文を入れておく・・・とか、お昼の休憩時間に取引注文を出す・・・というのなら、倫理的な問題はクリアできるやろうけどね。。。ただ、タイムリーな売買・・・っていうのはね、なかなか難しい。。。

 

 もともと、今回の調査は、NHK職員が、仕事の上で、世間一般の人より少しだけ早く情報が手に入る・・・っていうことを悪用して、その情報を元に株式を売買してボロ儲けをしておった・・・というインサイダー取引・・・が引き金になった。NHKが内部調査と称して、職員に行ったアンケートでは、8人が株取引をしていたとゲロしたんやけど、これはあくまで、自己申告。。。

 

 もっと真剣に株式の保有の有無とか、時間内取引をやったことがあるかどうか・・・などをキッチリ調べて入ったら、どうしても、証券会社にある、取引データの提出までやらなあかん。。。ところが、1000人もの職員が、そこまでの調査の協力を拒否したんやて。。。つまり、みんなやっとった・・・ということやろう。。。何にもしてなかったのやったら、そんなの拒否する必要は無いのやろうしね。。。

 

 職員達の恐れたのは、明らかに、勤務時間中に、株式の売買注文をしていた・・・という証拠を握られることを恐れているのやろうね。。。恐らくインサイダーっていうような、美味しい話はそう、そこいらじゅうに転がっているもんやないからね。。。つまり、真面目に仕事に専念しているべき時間に、株式売買をやっておった・・・。この倫理的に許されないこと・・・これが明らかになるのが嫌やったんやろう。。。

 

 今の世の中、便利になっていて、携帯電話でも株の売買が出来る。移動中の電車の中でも、ノートパソコンでも無線LANで取引が出来る。つまり、そんなに目くじらを立ててまで言うことにないのやないかね。。。株を売買する人の自由もあるけど、職務に支障がない程度ならトイレ休憩中にチョットぐらいやってても許される範囲なんやないのかね。。。

 

 そんなことを言い出したら、放送局やら新聞社、法務局やら市役所、区役所、金融機関やら、特殊法人の職員まで、インサイダーに、引っかかる可能性のある職種は多い。。。ところが、どこまでがインサイダー取引に当たるのか・・・っていうののルールが、どうも曖昧なんやね。。。少しでも一般の人より新しい情報が入る・・・っていう可能性のある人・・・なんかでくくってしまったら、日本中のサラリーマンの全員の、株取引を禁止しないとあかん。。。

 

 自分の会社で普通に仕事をしているだけで、自社株とか取引先の株を、業績情報を他の人より先に得て、売買することなんていとも簡単やからね。。。そんなことしたら、株取引がものすごく減って、えらいことになるやんか。。。つまり、自分で自分のクビを絞めることになるのやね。。。

 

 私は、証券会社と取引する時に、ここの会社とここの会社の株は売買出来ません・・・っていうのを申告するぐらいしか、インサイダー取引を防止する方法はないと思うのやね。。。証券会社の社員さんとかは、入社の際に、この念書を会社に提出して、事実上全ての株取引が個人では出来ないように規制している・・・。これを他の一般の人にも何らかのカタチで広めないといけないのや。。。

 

 逆に株式を公開している会社の方も、自社の株主になれる人・・・っていうのを有る程度制限する必要も迫られて来る。社員持株会以外の個人で自社株を買えないようにする・・・とか、取引関係にある社員さんもダメ・・・とかにするとか。。。。いろいろと株式取引のルールを厳しくしようとすると、かなり厄介な制約を設けないといけない。。。これはものすごく面倒なことなんやね。。。

 

 これは有る意味、株式を売買する人の良心に訴えている・・・というのが現実であると思うのやね。。でも、そんなのは、儲け話の誘惑の方が、ずっと大きいから、例えば妻に頼んである株を買って貰ったりとか、遠くに住む兄弟なんかに頼んで取引・・・なんてことになったら、もう調べようがない世界になるのやないかね。。。

 

 つまり、インサイダーを防止っていうのは、情報を開示するタイミングを出来る限り全世界同時にして、全ての人が、同時にその特別な情報を知ることが出来る・・・っていう風にせんと、なかなか防止できないことなんやね。。。まぁ、そんなインサイダー取引なんかの事より、やっぱり、勤務中に自由に株取引なんかが出来て、自由すぎる会社の風土。。。そんなのが、やっぱり社会的に批判される。。。みなさまのNHKも大変やね。。。民間会社やったら、こうまで叩かれないものを。。。

 

5/31(土) ささやき女将。。。マスコミはうまいことネーミングしよるもんや。。。相次ぐ食品偽装や賞味期限の改ざん、とどめとなった、料理の使い回し発覚。。。大阪の老舗日本料理店、船場吉兆が、ついに、廃業を発表した。やっぱりやね。。。

 

 ここの和泉元弥のオカン似の湯木っちゅうオバハンは、創業者の三女やった人。。。吉兆グループの中で、一番やり手で、料亭の味を売り物にして多店舗化や贈答品の世界にも進出し、一番派手な会社やったんやね。。。経営規模が大きくなると、普通なら色々なところに目が行き届かなくなってダメになっていく・・・というのが、良くあるパターンやったのやけど、ここは、逆に経営者が、細かいことにいちいち口を出し続ける・・・というタイプの会社やったようである。

 

 ただ、「食べ物を大事にする」ということと、「賞味期限切れの食物のシール貼りかえ」とか、ブロイラーを地鶏と表記すること、食べ残しと手つかずの料理とは、ニアンスが違う・・・といったことを公の場で平気で公言するあたり、あまりにも世間の常識と違った、経営者が、ずるく、セコイだけ・・・というのをゴッチャにした価値観が、この店の命取りになったことは間違いないやろうね。。。

 

 廃業会見でも、恐らく、一生懸命、作文したのを読んでおられたのやろう。。。なかなか、この女将はアホではない。文才もある。でも、心構えが、今の時代のお客さんには通用しない・・・っていう認識が甘かったんやろうね。。。こういうケースは、戦前派、戦中派の年代の人たちに、多分に見受けられる。。。勿体ないと思う気持ちを、貧乏くさい、ケチくさい、と思うだけならええのやけど、それを実践して高い金を出してやってくる客に出した。。。このことが、どんなに客に対する裏切り行為であるか。。。このことに気付かない・・・。これだけで、現代の老舗料亭の女将としては失格や。。。

 

 この人は、店が、自分のものである・・・という感覚から抜け出せないでいるのやね。。。違うのやね。。。店は、客のためにあるものなんや。。。商売をするうえで、一番大事な心構え。。。これをはき違えていたから、こんなことになった。。。お客さん有っての店である・・・。この当たり前のことが出来てないお店が長続き出来るはずがない。。。老舗と呼ばれるところが、何故、時代が変わっても、存続し続けられるのか。。。それは、客に愛され続けているからや。その一番大事な客の気持ちに反することをした。。。そら、もう、老舗の看板は外さんとあかんわ。。。

 

 会見の終わりに、このささやき女将は、涙を流して、社員や他の吉兆グループに詫びていた。違うやろ。本当に一番に詫びなあかんかったのは、今まで騙していたお客やで。。。いろいろ、有ったけど、このオバチャンの今度の涙は本物やろう。。。自分のしでかした事の大きさ・・・これに真剣に悔いている・・・というのが見て取れる。先代にも合わす顔がない・・・。そりゃ、そうやろ。明日から路頭に迷う社員さんたち・・・。何とか他の吉兆さんに頼んで雇ってもらえへんか頼むのやろうけど、船場のお陰で売上が半分になってしもている他のグループ店が、そこまでの経営余力があるのかね。。。

 

 私の友人にたん熊っていう日本料理の老舗の社長さんがいるのやけど、その人曰く、あれ以来、鮎の塩焼き出したら、客から使い回しと違うか・・・とか、ほんま、いろいろなことを言われる。。。1つのお店がしでかした不祥事で、日本中の真面目にやっている日本料理店が、疑いの目で見られることになるのは、やりきれない気持ち・・・やと言ってはった。。。とはいえ、いろいろお騒がせの船場吉兆の閉店で、一応、この問題にケジメがついたことになる。。。今度は、もうちょっとええ話題で、美味しい日本料理にスポットがあたったらええのにね。。。

 

 そう言えば、昨年、東京の方で話題になったミシュランという料理店のガイドブック。今度は京都版が発行されるのではないか・・・というのが、いま、京都では噂になっている。。。実際、ミシュランからのお話も何件かに有ったとか。。。京都の日本料理店さんは言わば、日本の中での和食のトップレベル・・・。どこのお店が星をいくつ取るか・・・。今から京都の美味しいもの好きの雀たちは、いろいろと、騒がしい。。。自分のお気に入りのお店が入るのやろうか。。でも、あんまり騒がれて、観光客だらけで、お店に行けなくなるのも嫌やし。。。複雑な心境の京都人たちも多いのやないかね。。。

 

2000年9 10 11 12

2001年1         10 11 12

2002年1         10 11 12

2003年1         10 11 12

2004年1         10 11 12

2005年1         10 11 12

2006年1         10 11 12

2007年1         10 11 12

2008年1         10 11 12

<最新の日常のページへ>

 

戻る

inserted by FC2 system